一部店舗の営業時間変更について

開催中

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

8F WHITE CINE QUINTO

  • LINE
11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

『スパゲティコード・ラブ』▶15:00 17:05 19:10 21:15
『恋する寄生虫』▶12:55
『場所はいつも旅先だった』▶11:10
『アメリカン・ユートピア』▶9:00

 

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

『スパゲティコード・ラブ』
愛を模索する13人の若者たちの生き方が複雑に連鎖していく様子を、エモーショナルでスタイリッシュな映像で描いた青春群像劇。フードデリバリーの配達員として働く羽田天は、大好きなアイドルへの思いに区切りをつけるため、配達1000回を目指している。シンガーソングライターの夢を諦めた桜庭心は、苦手な友だちとダラダラ過ごしている。大森慎吾はフェイスブックの友だちが5000人を超えるが、本当の友だちはいない。東京をさまよう13人の若者たちの行動が複雑に絡み合い、物語は思いも寄らぬ方向へと転がっていく。出演は「夏、至るころ」の倉悠貴、「ロマンスドール」の三浦透子、「渇き。」の清水尋也。ミュージックビデオやテレビCMなどを手がけてきた映像クリエイターの丸山健志が長編初メガホンをとった。タイトルの「スパゲティコード」は、それを組んだプログラマ本人以外には解読不能なほど複雑に絡み合ったプログラミングコードを指す俗語から。

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール 11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

監督: 丸山健志
出演: 倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、古畑新之、青木柚、ゆりやんレトリィバァ、三谷麟太郎、佐藤睦、土村芳他
公式サイト:https://happinet-phantom.com/spaghetticodelove/
チケット購入:https://www.cinequinto.com/white/

 

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

『恋する寄生虫』
潔癖症に苦しむ孤独な青年と視線恐怖症の不登校女子高生のはかない恋愛を描いた三秋縋の同名小説を原案に、林遣都と小松菜奈で描くラブストーリー。極度の潔癖症から誰とも人間関係を築くことができず孤独に生きる青年・高坂賢吾は、視線恐怖症で不登校の少女・佐薙ひじりの面倒を見ることになった。露悪的な佐薙の態度に閉口する高坂だったが、その言動や行動が自分自身の弱さを隠すためだと気づき、彼女に共感を抱くようになる。2人はクリスマスに手をつないで歩くことを目標にリハビリをスタートさせる。次第に惹かれ合った2人は初めての恋に落ちていくが……。高坂役を林、佐薙役を小松がそれぞれ演じる。映画、CM、MVなど数多くの映像作品を手がける映像作家の柿本ケンサクがメガホンをとった。

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール 11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

監督: 柿本ケンサク
出演: 林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌 他
公式サイト: https://koi-kiseichu.jp/
チケット購入:https://www.cinequinto.com/white/

 

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

『場所はいつも旅先だった』
本作は文筆家・書店オーナー・「暮しの手帖」元編集長など様々な肩書きを持つ松浦弥太郎が初めて監督した劇場用映画。松浦自身が2011年に著した旅にまつわる自伝的エッセイ集「場所はいつも旅先だった」と同名のタイトルながら、内容は映画オリジナルで、松浦が世界5カ国・6都市を自ら旅して、一本のドキュメンタリー映画としてまとめあげたもの。ロケ地に選んだのは、サンフランシスコ(アメリカ)、シギリア(スリランカ)、マルセイユ(フランス)、メルボルン(オーストラリア)、台北・台南(台湾)。いずれも「現地の人々の日常の営みを感じられる」からと、撮影は主に早朝と深夜に行い、そこで起こる出会いとかけがえのない日々を、飾らない言葉でひとつひとつ綴るエッセイ集のような映画に仕上がった。また、朗読で参加したのは脚本家・演出家の小林賢太郎。主題歌にはアン・サリーによる「あたらしい朝」が使用されている。

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール 11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール

監督: 松浦弥太郎
朗読: 小林賢太郎
公式サイト:https://yataro-itsumo-tabisaki.com/
チケット購入:https://www.cinequinto.com/white/

 

11月26日(金)~12月2日(木)上映スケジュール©2020 PM AU FILM, LLC AND RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

『アメリカン・ユートピア』
元「トーキング・ヘッズ」のフロントマンでグラミー賞受賞アーティストのデビッド・バーンが2018年に発表したアルバム「アメリカン・ユートピア」を原案に作られたブロードウェイのショーを、「ブラック・クランズマン」のスパイク・リー監督が映画として再構築。
同アルバムから5曲、トーキング・ヘッズ時代の9曲など、全21曲を披露。バーンは様々な国籍を持つ11人のミュージシャンやダンサーとともに舞台の上を縦横無尽に動き回り、ショーを通じて現代の様々な問題について問いかける。クライマックスでは、ブラック・ライブズ・マターを訴えるジャネール・モネイのプロテストソング「Hell You Talmbout」を熱唱する。
パントマイムや前衛パフォーマンスの要素も取り入れた斬新な振り付けを手がけたのは、過去にもバーンの舞台を手がけたアニー・B・パーソン。ブロードキャスターのピーター・バラカンが日本語字幕監修を担当。
監督: スパイク・リー
出演:デビッド・バーン、ジャクリーン・アセベド、グスタボ・ディ・ダルバ、ダニエル・フリードマン 他
公式サイト:http://americanutopia-jpn.com/
チケット購入:https://www.cinequinto.com/white/

  • LINE

Information

営業時間※一部店舗は営業時間が異なります。

物販
5月14日(金)~当面の間、11:00~20:00
飲食
10月25日(月)~当面の間、11:30~23:00

ほぼ毎日更新!パルコの最新情報はこちら

渋谷パルコ