【重要】営業再開のお知らせ|【重要】営業再開に伴う、安全安心の取り組みとお客様へのお願い

開催中

『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

8F WHITE CINE QUINTO

  • LINE
『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

禁断のスクープ映像、解禁!自決1年前に何があったのか?

伝説の討論会を13人の証言者と紐解く衝撃のドキュメンタリー!!

 

このドキュメンタリー映画は、伝説となった「三島由紀夫VS東大全共闘」の記録を高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者・ジャーナリストなどの識者他、三島由紀夫についての「生きた」証言を集め、ようやくその全貌が明らかとなる、1969年5月13日と約半世紀後の現代を結ぶ作品だ。当時、武装化していた東大全共闘ら、1,000人近い学生が集まる討論会に、警視庁の警護の申し出を断り単身で赴いた三島。そして行われた討論会は二時間半にも及び、三島由紀夫という天才が、死をも覚悟して臨み、その煌めきをまざまざとみせつけた奇跡のような時間となった。

そして2019年、その討論会を収めた貴重な記録映像のフィルム原盤が倉庫から発見された。修復され蘇った映像から浮かび上がったのは、まばゆい輝きを放つ三島由紀夫の姿だった。これまで放送されることがなかった当時の貴重なスクープ映像が、昭和・平成という二つの時代の終わりを迎え、令和となった今、現代に生きる我々に何を届けるのか。

ナビゲーターを務めるのは、俳優の東出昌大さん。三島由紀夫が書き上げた日に生涯を閉じた、“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台化にも出演し、多くの三島作品を読破してきた東出さんに、製作陣からオファーしたところ快諾頂き、実現しました。

「言霊を私は残して去っていく」と訴えかける三島が、学生に残したものとは―?

『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

1968年に大学の不正運営などに異を唱えた学生が団結し、全国的な盛り上がりを見せた学生運動。中でももっとも武闘派とうたわれた東大全共闘をはじめとする1000人を超える学生が集まる討論会が、69年に行われた。文学者・三島由紀夫は警視庁の警護の申し出を断り、単身で討論会に臨み、2時間半にわたり学生たちと議論を戦わせた。伝説とも言われる「三島由紀夫 VS 東大全共闘」のフィルム原盤をリストアした映像を中心に当時の関係者や現代の識者たちの証言とともに構成し、討論会の全貌、そして三島の人物像を検証していく。

『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』

監督:豊島圭介

出演:三島由紀夫、芥正彦(東大全共闘)、木村修(東大全共闘)、橋爪大三郎(東大全共闘)、篠原裕(楯の会1期生)、宮澤章友(楯の会1期生)、原昭弘(楯の会1期生)、椎根和(平凡パンチ編集者)、清水寛(新潮社カメラマン)、小川邦雄(TBS記者)、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴

ナビゲーター:東出昌大

コピーライト:©2020映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」製作委員会©SHINCHOSHA

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

チケット購入はこちら【購入は上映日2日前より可能】

  • LINE

Information

営業時間※一部店舗は営業時間が異なります。

物販
10:00-21:00
飲食
11:00-23:30

ほぼ毎日更新!パルコの最新情報はこちら

渋谷パルコ