予告

PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾『ピサロ』

8F PARCO劇場

  • LINE
PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾『ピサロ』

山崎努主演で1985年PARCO劇場にて上演された伝説の舞台が再び!

渡辺謙はじめ総勢約30名の出演陣が新たな息吹をもたらす!

 

英国の劇作家ピーター・シェーファーの傑作戯曲『ピサロ』は、太陽を父とする帝国2400万人を従えるインカの王を、粗野な成り上がりのスペイン将軍ピサロとならずもの167人で生け捕りにしてしまうという、インカ帝国征服を主軸にした物語。1985年にPARCO劇場でテレンス・ナップ演出、山崎努主演により上演され、PARCO劇場の歴史が語られるとき、必ず取り上げられる作品です。

 演出を務めるのは、25年以上に渡りロイヤルバレエのメンバーとして出演、振付師としても活躍し、2014年ローレンス・オリヴィエ賞ベスト・エンターテインメント賞に輝いたウィル・タケット。
  今回、ピサロを務めるのは渡辺謙。1985年PARCO劇場での上演当時、無名だった渡辺はインカ王アタワルパを、ピサロを演じた山崎努に引けを取らない演技で見事に演じ切り、本作でその名を世に知らしめることとなりました。そして、当時、渡辺謙が演じていたアタワルパ役に宮沢氷魚が決定。渡辺謙に対峙する役どころに挑みます。
 
 人類史上繰り返される異なる概念、宗教、文化間の衝突を二人の男を通して、今を生きる我々に問う「ピサロ」。PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾を飾る本作に是非ご期待ください!

PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾『ピサロ』

作:ピーター・シェーファー 翻訳:伊丹十三 演出:ウィル・タケット
出演:渡辺謙 宮沢氷魚 栗原英雄 和田正人 大鶴佐助 首藤康之
小柳友 田中俊介 菊池均也 浅野雅博 亀田佳明 金井良信 下総源太朗
竹口龍茶 松井ショウキ  薄平広樹 中西良介 広島光 羽鳥翔太
加藤貴彦  萩原亮介 鶴家一仁 王下貴司 前田悟 佐藤マリン
鈴木奈菜 宝川璃緒 外山誠二 長谷川初範

公演日程 2020年3月13日(金)~4月20日(月)

お問合せ パルコステージ 03-3477-5858(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)

詳しくはこちら→『ピサロ』

チケットの購入はこちら→チケットぴあスマホアプリ「パルステ!」ローソンチケットイープラス

PARCO劇場オープニング・シリーズ 第1弾『ピサロ』
  • LINE

Information

営業時間※一部店舗は営業時間が異なります。

物販
10:00-21:00
飲食
11:00-23:30

ほぼ毎日更新!パルコの最新情報はこちら

渋谷パルコ