• ホーム
  • 特集
  • SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021|渋谷PARCOが芸術に染まる「ART WEEK」開催

SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021|渋谷PARCOが芸術に染まる「ART WEEK」開催

  • LINE
SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021|渋谷PARCOが芸術に染まる「ART WEEK」開催

渋谷PARCOでは、「SHIBUYA PARCO ART WEEK 2021」を、2021年9月17日(金)よりスタート。フランス人アーティスト、Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)がメインビジュアルを担当し、渋谷PARCO 2Fの「NANZUKA 2G」と4F「PARCO MUSEUM TOKYO」にて展覧会を開催。

また、8F「WHITE CINE QUINTO」では、マルタン・マルジェラを追った貴重なドキュメンタリー映画「『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』Martin Margiela: In His Own Words」が公開される。8F「ほぼ日曜日」では、お笑いコンビ・麒麟の川島明さんがホテルの支配人になる、というテーマの体験型展示会「#ホテルカワシマ」を開催。期間中は館内放送も要チェック。川島さんの声が、PARCOの館内に響きます。

ギャラリー等の対象店舗で配布している「ART PASSPORT」には、館内各所のARTイベント情報が記載されているほか、「ART PASSPORT」 だけのおトクは特典も。ぜひお見逃しなく。

※掲載アイテムや展示内容は、予告なく変更・販売終了する可能性がございます。各ブランドの公式情報をご確認ください。

▼10%ペイバックキャンペーン

ポケパル払いでお買い物をすると、最大¥50,000分のお買い物まで10%ペイバック。詳細はこちらまで。


▼PARCO ART PASSPORT

ミュージアムやギャラリー等の対象店舗で入場チケットまたは商品をご購入頂いた方へ、さまざまな特典を受けられる「ART PASSPORT」を進呈。PARCO MUSEUM TOKYO、WHITE CINE QUINTO、GALLERY X、ほぼ日曜日等でご提示いただくと、OFFやノベルティなどお得なサービスを受けることができる。

Text
Keisuke Kagiwada
Text&Edit
RIDE MEDIA&DESIGN inc.

Index

TOPIC EVENT

PARCO MUSEUM TOKYO|ジャン・ジュリアンの個展『PAPER PEOPLE』

今年のART WEEKのキーヴィジュアルも務めたフランス人アーティスト、ジャン・ジュリアン。「PARCO MUSEUM TOKYO」では、彼の新作個展『PAPER PEOPLE』を開催。アーティスト本人の化身と化した”ペーパーピープル“が観客を出迎える本展では、およそ50点程度もの大小さまざまなペインティングが一堂に会する。すべてコロナ禍に見舞われたこの1年間で生まれたという展示作品がコミカルに描くのは、私たちに何気ない日常の素晴らしさを再認識させる美しい情景。会場限定で販売予定だというシルクスクリーンのEdition Print作品「PAPER PEOPLE」も見逃せない。

▼PARCO ART PASSPORT特典
入場料100円OFF。

PARCO MUSEUM TOKYO限定販売Edition Print「PAPER PEOPLE」 ¥220,000

Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)

1983年、フランス生まれ。イラストレーターとして雑誌やファッションブランドに作品提供をする傍ら、ペインティング作品も精力的に制作。日本の漫画文化に造詣の深いことでも知られている。
Instagram(@jean_jullien

2G(NANZUKA)|ジャン・ジュリアンの新作個展「POCKET PARENTS」

Jean Jullien POCKET PARENTS VIVI, NINO and TIBO (a set of 3 pieces) ¥1,452,000

「NANZUKA 2G」では、フランス人アーティスト、ジャン・ジュリアンの新作個展「POCKET PARENTS」を開催。彼の展示は「PARCO MUSEUM TOKYO」でも「PAPER PEOPLE」が同時開催中だが、同じ世界を違った視点から捉えた本展は、小さな銅像やその息子のキャラクターなどが登場するユーモラスな物語として展開。それを通して語られるのは、ジュリアンの家族、また彼自身が親としての経験をもとに、歳を重ねることや、増してゆく責任だという。開催中は、展示に登場するチャーミングなキャラクターのアート作品も発売。これはぜひともゲットしたい。

Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)

1983年、フランス生まれ。イラストレーターとして雑誌やファッションブランドに作品提供をする傍ら、ペインティング作品も精力的に制作。日本の漫画文化に造詣の深いことでも知られている。
Instagram(@jean_jullien

2G(P-ROOM THE WORLD)|ジャン・ジュリアン×FreshService®️ Collaborationアイテムが発売

(左) VIBTEX for FreshService®️ CREWNECK SWEAT ¥31,900
(右) CANVAS STORAGE ¥15,400

「P-ROOM THE WORLD 2G」では、ジャン・ジュリアン×FreshService®️限定アイテムを発売。“ARTWEEK”に合わせ、クリエイティブディレクター南貴之が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、新たな製品として提案するプロジェクトFreshService®️による特別なコラボレーションが実現。機能性、着心地、フィット感、生産背景などにこだわったアパレルや雑貨に、ジャン・ジュリアンによるアート作品が刺繍やプリントなどが落とし込まれた計6型が揃っている。

(上) SAMUE COAT ¥48,400
(下) TRAVEL VEST ¥42,900

Jean Jullien(ジャン・ジュリアン)

1983年、フランス生まれ。イラストレーターとして雑誌やファッションブランドに作品提供をする傍ら、ペインティング作品も精力的に制作。日本の漫画文化に造詣の深いことでも知られている。
Instagram(@jean_jullien

FreshService®️(フレッシュサービス)

FreshService®️は、ディレクターの南貴之が世界中で作られているものを独自の視点で再構築し、新たな製品として提案するプロジェクト。さまざまなメーカーや工場と取り組み、手に取る人のライフスタイルを豊かにするアイテムを取り揃える。
http://freshservice.jp/

WHITE CINE QUINTO|映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』が公開

「WHITE CINE QUINTO」では、ドキュメンタリー映画『マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”』が公開中。「メゾン・マルタン・マルジェラ(現メゾン・マルジェラ)」の創業デザイナーとして洋服をアートの域に高め、ファッション界で絶大な支持を得ながら、51歳にして突然の引退を発表したマルタン・マルジェラは、これまで公の場に姿を見せず、匿名性を貫き続けた。そんな彼が、「このドキュメンタリーのためだけ」という条件のもと、初めて自身について語ったのが本作だ。ドローイングや膨大なメモ、初めて自分で作った服などプライベートな記録が初公開されるほか、足袋ブーツの誕生秘話から引退についてまでが語られ、まさに“ART WEEK”に観るのにふさわしい作品となっている。

▼PARCO ART PASSPORT特典
ART PASSPORT提示で一般料金¥1,900から¥300OFF。※一部作品除く

パンフレット ¥880
※デザイン・金額は変更となる可能性がございます。

Martin Margiela:(マルタン・マルジェラ)

1957年、ベルギー生まれ。アントワープ王立芸術学院で学んだ後、ジャンポール・ゴルチエのアシスタントに就任。1988年、「メゾン・マルタン・マルジェラ」を創設。数々の革新的なデザインを残した後、2008年に引退。

ほぼ日曜日|麒麟の川島明による体験型展覧会「#ホテルカワシマ」

人気お笑いコンビ・麒麟の川島明が、ホテルの支配人になる!?そんな前代未聞のコンセプトを掲げる体験型展覧会「#ホテルカワシマ」を開催するのは、「ほぼ日曜日」だ。気になるその概要は、ホテルの部屋に見立てたいくつかのスペースをめぐりながら、彼が独自の感性で仕込んだネタを体感するというものだという。川島は「当ホテルでは私の脳の中を探索していただくような、そんな仕掛けがたくさん用意されております。お時間の許すかぎり、その目で、その鼻で、その耳で余す所なく細部に渡るまでご堪能くださいませ」と語っている。その全貌を確認するためには、チェックインしてみるしかなさそうだ。

※ホテルの部屋をめぐるチケットは公式ページからご予約いただけます。
※9月10日(金)~ご予約開始、ご予約方法の詳細は、9月7日(火)に下記のイベントページにてご案内予定。
https://www.1101.com/hotel_kawashima/index.html

▼PARCO ART PASSPORT特典
ART PASSPORT提示で川島さんのInstagramで、タグ大喜利の最後につける“褒め言葉”18種からセレクトしたステッカー「#褒めタグステッカー ガチャ1回券」を贈呈。

※画像はイメージです。 ※情報は変更になる可能性があります。
(左)#ホテルカワシマ Tシャツ ¥3,300
(中)#ホテルカワシマ トート ¥1,650
(右)#ホテルカワシマ ドアノブサイン [全4種] 各¥880
※画像はイメージです。 ※情報は変更になる可能性があります。
(左)#ホテルカワシマ ホテルキー [全4種] 各¥880
(中)#ホテルカワシマ 歯ブラシ [全2種] 各¥495
(右)#褒めタグステッカー[全18種] 各¥200

川島明

1979年、京都府生まれ。1999年、田村裕とお笑いコンビ・麒麟を結成。自身のInstagramにて発信中の“タグ大喜利”をムック化した『#麒麟川島のタグ大喜利』が、宝島社より発売中。
Instagram(@kirinkawashima0203

<NEXT>大河紀、一乗ひかるによる展示や、ハンドメイド刺繍作家のma.macaron等のイベントを開催。

前のページ
1 / 9
  • LINE

Other Posts