• ホーム
  • 特集
  • 栁俊太郎×PEERLESS/TOGA|何年経っても色褪せない、自らの一部になっていく存在

栁俊太郎×PEERLESS/TOGA|何年経っても色褪せない、自らの一部になっていく存在

  • LINE
栁俊太郎×PEERLESS/TOGA|何年経っても色褪せない、自らの一部になっていく存在

何年経っても手放せない。着るほどにカッコよさが増していく。そんな、時間と共に愛着が増していき、経年変化すら楽しんでいける“本物”を求めて、俳優・栁俊太郎さんが向かった先は「PEERLESS」と「TOGA」。真摯なモノづくりや、ブランドに込められたストーリーに思いを馳せながら、渋谷PARCOのショップをクルーズ。大人になった今、改めて手にしたいと思える服と靴を探しに。

Photo
Sachiko Saito
Hair&Make
TAKAI
Text
Urara Kurihara
Edit
RIDE MEDIA&DESIGN inc.

誰にとっても心地いい、
着る人を肯定する温もりのあるブランド

“普遍的な美しさ”“後世に残るプロダクト作り”を掲げるvisvimは、栁俊太郎さんも昔から大好きなブランドだと語る。「visvimの服って、誰にでも似合う気がするんです。人格を肯定してくれるというか、その人の一部になる。心まで温かくなる服ばかりなんですよね」。そんなvisvimが、渋谷PARCOの一角に構えるショップが「PEERLESS」。都会の真ん中とは思えないほど、自然光が燦々と降り注ぐ気持ちのいい空間だ。栁さんが袖を通したのは、奄美大島伝統の「泥染め」が施されたコート。あえて不均一なアタリを出すことで奥行きのある色調が生まれ、独特の風合いを楽しめる。「着ていて、気持ちがいい服ですね。こういう服を着て、お父さんしたいです」

LEVINSON FISHTAIL ¥209,000、MONDO SWEAT S/L (C/WS) ¥48,400、
SKAGWAY LO G.PATTEN ¥88,000、HOLMAN PANTS ¥63,800

人も服も、織りなす出会い。
人生そのものが旅する感覚

今シーズンのテーマは、原点に立ち返ったモノづくり。普遍的な価値を持つワークウェアやミリタリーウェアに、デザイナー中村ヒロキ氏が貫くスピリットが表現されている。これまで世界中を旅しながら、自らの足で伝統技術や商品開発のプロセスを開拓してきた中村氏。栁さんも、旅からインスパイアされることはあるのだろうか?「いつか砂漠には行ってみたいですね。でも、たとえ遠くに行けなかったとしても、新しい人と出会ったり、好きな服を見つけたり…人生そのものが旅みたいなもんだな、とも思っていて。そういう感覚が常にあるかもしれません」

素材から色出しまで、いっさい妥協のない
作り手の想いが伝わるモノづくり

職人の手作業で作られるvisvimのスニーカーは、インソールにコルクが使用され、すり減ったらソールを交換することのできる人気アイテム。また、履くほどに身体の重みで自らの足の形に馴染んでいくのも特徴。オーバーオールを合わせた栁さんも、「男だったらこれ絶対好きでしょっていうコーデ。無骨だけど洒落てますよね。厚底のスニーカーも好きな形です」と、お気に入りの様子。そのほか、渋谷PARCOでしか手に入らないエクスクルーシブなダウンベストも2月に入荷予定。生地を丸ごと製品染めし、さらに奄美大島伝統の「泥染め」を施したグラデーションカラー。保温性・耐久性の高いホワイトマザーグースを搭載し、特殊なナイロン糸で軽さと強度を両立させた本格派だ。

OVERALLS G.CORDS ¥143,000、LUMBER L/S (W/L) ¥84,700、SUBLIG JUMBO 3-PACK S/S ¥41,800

都会の真ん中とは思えない温もり。
自然と調和した極上のショッピング空間

クルーズ中に漂うリラックスした空気は、栁さん曰く「心地いい映画を観ている気分」。それもそのはず、自然との融合を意図した内装へのこだわりがちりばめられている。床は「三和土(たたき)」と呼ばれる土間などに使われる天然素材。歩く度にシャリシャリと音が立つ、砂利感のある表面や、自然に生まれた繊細なヒビ割れが、温かみのある空間を演出してくれる。さらに、自然光を吸収しながら全体へ反射させることで、人工の光では得られない心地よい明るさが手に入るのだ。

モノづくりにも空間にも一切妥協のないPEERLESSには、飽きのこない名品が揃っている。栁さん自身も、一過性の流行には左右されないタイプ。「12年くらい穿き続けているデニムや、10年以上着ている刺繍Tシャツもありますね。年齢を重ねても永く着られる服を増やしていきたいし、そういう服にお金をかけていきたいです」。彼の服に対する美学は、「後世に残るプロダクト」を打ち出すブランドの想いとも共鳴していた。

ショップ名
PEERLESS
フロア
3F
電話番号
03-5422-3972

<NEXT>TOGA|男性服の概念を覆すブランドの垣根を越えたアプローチ

前のページ
1 / 2
  • LINE

Other Posts