【4月4日(土)・5日(日)・11日(土)・12日(日)臨時休業及び営業時間短縮のお知らせ】

  • ホーム
  • 特集
  • 持続可能な未来を。サスティナビリティを体現する “fashion & sustainable”

持続可能な未来を。サスティナビリティを体現する “fashion & sustainable”

  • LINE
持続可能な未来を。サスティナビリティを体現する “fashion & sustainable”

最先端のファッションに欠かせないキーワード、それは長く持続可能な“サイクル(循環)”を作り、“サスティナブル(持続可能)”な基盤をつくること。渋谷PARCOではその理念に基づき、サスティナブルポリシーに沿ったプロダクトやサービスを展開している。たとえば、こちらのビジュアルで使用した「CINOH」(3F)のSLEEVELESS DRESSは、本来ならば廃棄される残布を使用した渋谷PAROCO限定のアイテムだ。各ブランドによるサステナビリティ溢れるアイデア、その一部を紹介していく。


※掲載アイテムや特典内容は、予告なく変更・販売終了する可能性がございます。各ブランドの公式情報をご確認ください。
Photo
Sachiko Saito
Text
Shogo Komatsu
Edit
RIDE MEDIA&DESIGN inc.

[ 1F ] SHŌTENGAI-EDIT-TOKYO

discord Yohji Yamamoto

渋谷PARCO限定色アイテム Y-Backpack Red ¥108,000+tax、Y-Body bag Red ¥85,000+tax Coin<口金コインネックレス>¥18,500+tax、フレームポーチ¥34,000+tax、フレームポーチ・ショルダー¥39,000+tax、Drape ¥85,000/120,000/105,000+tax Tシャツ ¥12,000+tax、Y-Body bag Studs ¥138,000+tax

レザーバッグご購入の方へケアサービスを実施

革新的なデザインでモードシーンを牽引する山本耀司が、ラグジュアリーアクセサリーの新しい価値観を提案する「discord Yohji Yamamoto」。該当ブランドのレザーバッグを店頭へ持ち込むと、より長く使えるようにスタッフが手入れをしてくれるサービスを実施中。本サービスはいつでも店頭で対応してくれる。存在感を放つデザインだからこそ、長く愛し続けることができる「discord Yohji Yamamoto」のプロダクト。また、渋谷パルコ店限定で、襟元にdiscord Yohji Yamamotoロゴの「Yohji Yamamoto」シグネチャー・サインが配され、袖に、ロゴにも用いられている煙のようなラインドローイングとdiscordのネームタグが付いた、ミニマムなデザインのTシャツも販売されているので要チェック。M/Lの2サイズ、ブラックとホワイトの2色展開で、購入すると通常バッグコレクションにのみ付属されるdiscord Yohji Yamamotoロゴが配されたドローストリングのクロスバッグ入りで渡されるスペシャルな仕様。

H.P.DECO アート感のある暮らし

リサイクルガラスを使った手吹きグラスなどのテーブルウェアたち

インテリアショップ「H.P.DECOアート感のある暮らし」では、春のガーデンフェアが開催されている。新芽が萌えたつ春の庭でお茶や食事を楽しむような世界観を、店内中央スペースで表現。ワインやビール瓶などリサイクルガラスを主原料にして手吹きでグラスを作る「ラ・スフルリー」や、上質な刺繍のファブリックブランド「コーラル&タスク」のテーブルリネンなどがディスプレイされる。サスティナブルでアート性の高いテーブルコーディネートは必見だ。

COMINGSOON

コオロギビール 100ml ¥500+tax、200ml ¥950+tax。
下の写真は、ビール製造の様子。

コオロギを使ったクラフトビール

「地球少年」篠原祐太らが手掛ける昆虫食レストランANTCICADAが、4月に日本橋馬喰町にオープンする。コオロギから出汁をとったコオロギラーメンを筆頭にしたおいしい料理の数々で、昆虫食=ゲテモノという印象を払拭する。それに先駆け、3月15日〜18日の4日間限定のポップアップスタンドが渋谷PARCO1F「COMINGSOON」に登場。世界初の「コオロギビール/Cricket Dark Ale」の先行販売と、それに合う昆虫のおつまみを用意。また、Tシャツなどのオリジナルグッズも販売予定。

shu uemura

アーティストリーを体験できるワークショップを開催。100色以上のリップやアイシャドーのカラーから自分好みの色をセレクトし、好きな文字を刻印・カラーリングできるマイカスタマイズボックスを限定展開。

渋谷PARCO店限定の刻印サービスを利用してエコバッグをGET

“自然、科学、アート”の融合をコンセプトに、シンプル&リッチな製品を展開するコスメブランド、「shu uemura」。リップやアイシャドーパレットなどに好きな文字やモチーフを刻印できるサービスが人気で、渋谷PARCO店限定のカラーやモチーフも選ぶことができる。ここでしか刻印できないユニコーンのモチーフは、渋谷をイメージしたもの。¥6,000+tax以上の購入で、エコバッグをプレゼント。それをショッパーとして持参すれば、エコポイントとして30ポイント付与。獲得エコポイント上位の方には、一部イベントを優先招待などの特典も。

[ 2F ] ART & MODE

THE NORTH FACE LAB

141CUSTOMS
DENALI JACKET サイズカスタマイズ¥29,000+tax〜、フルカスタマイズ¥36,000+tax〜
NUPTSE JACKET サイズカスタマイズ¥53,000+tax〜、フルカスタマイズ¥64,000+tax〜
MOUNTAIN JACKET サイズカスタマイズ¥80,000+tax〜、フルカスタマイズ¥100,000+tax〜

長年愛用できる世界に一着だけのカスタマイズジャケット

「THE NORTH FACE LAB」では、革新的なウェアカスタマイズサービス“141 CUSTOMS”を展開。デナリジャケットやヌプシジャケットなど、THE NORTH FACEを代表する6型のアウターがオーダーでき、体型に合った自分好みのデザインに仕立てることが可能。そして、その一着を長く愛用し続けることが、環境保全へと繋がる。また、リサイクルした洋服を素材に使用する取り組み「エクスプローラーソース」のロングスリーブTシャツをTHE NORTH FACE LAB限定で販売中。

LAB L/S TEE ¥6,300+tax

A.P.C.

大切に穿いたデニムを次の人へ。定番デニムのサイクルプロジェクト

「A.P.C.」の中で圧倒的な人気を誇るデニムパンツ。美しいインディゴをキープしたまま穿く人がいれば、自然なアタリを求める人もいる。その両者の異なるニーズに応えるためのサービスが、“THE BUTLER WORN-OUT SERIES”。ブランドの基準を満たしている穿き古した特定のデニムパンツを店頭に持ち込むと、新品を半額で購入できるという斬新なもの。引き取ったジーンズはリペアされ、元所有者のイニシャルを記して再び店頭に並ぶ。自然に色あせた魅力的なジーンズが次の人へと受け継がれ、新たな一本を手にいれることができるのだ。さらに、3月20日より先着で¥25,000+tax以上購入すると、ノベルティとして、過去のコレクション残布で製作したトートバッグをプレゼント。

k3

(左下)Swedish Stocking ¥5,300+tax〜、(右下)NODO ¥12,800+tax〜

サスティナブルなマインドを持った新進気鋭ブランドをセレクト

ストリート×モード×アートをテーマに、国内外のインディペンデントブランドをジェンダーレスに取り扱うセレクトショップ「k3」。その中でも、スウェーデンで立ち上げられたリサイクルナイロンを使用したストッキング・ソックスブランドの「Swedish Stockings」や、リサイクルポリエステルの糸を使ったニットシューズブランド「NODO」のエコな物作りに注目。Swedish Stockingsのコーナーでは、 不要になったストッキングをメーカー問わずに回収を行なっている。これからのファッションシーンを担う若手ブランドのサスティナブルな動きから目を離せない。

beautiful people

生産背景にまで気を配った定番のトレンチコート

普通と特別の境界を乗り越えることをコンセプトに、2007年設立された「beautiful people」。一貫して国内生産にこだわりつつ、メンズとウィメンズ、キッズのラインナップを展開する。高い人気をキープし続ける定番のトレンチコートは、正しいオーガニック農法で栽培された綿素材、アルティマイトピマコットンを採用。それを使うことで、生産背景である農場の労働者への健康被害や土壌汚染に加担していないことを指し示し、エシカル消費へと繋げてくれる。

[ 3F ] CORNER OF TOKYO STREET

ADAM ET ROPÉ HOMME

(左)プレミアムシルクリネン サファリジャケット/ビッグシルエット¥24,000+tax、(左中)プレミアムシルクリネン レギュラーカラーシャツ/ビッグシルエット¥17,000+tax、(右中)プレミアムシルクリネン プルオーバーシャツ/ビッグシルエット¥16,000+tax、(右)プレミアムシルクリネン バンドカラーシャツ/ビッグシルエット¥20,000+tax

日本唯一のリネン専業織物工場の生地を使ったコレクション

今シーズンの「ADAM ET ROPÉ HOMME」のラインナップで、特に注目すべきは1921年創業の京都麻織物AKAIのファブリックを使ったコレクション。上質なリネンとシルクをオックス組織で織り上げ、化学染料を使用する染色を行わず、素材本来の色合いと風合いで仕立てている。シルクは高混率ながら光沢が出過ぎず、麻の雰囲気を上質にアップデートされた生地感が特徴だ。季節感が溢れ、サスティナブルな素材として注目を集めるリネンをオシャレに着こなそう。

UN3D.

(左)ベストバッグ ¥24,000+tax、(右)ワンショルベストバッグ ¥16,000+tax

ペットボトルから生まれたリサイクル素材で作られるアイテム

UN STANDARD、UN SIMPLE、UN SIMILAR という3つのアンチテーゼを根底に、時代や流行、常識などに疑問を持ち、自由な個性や感性を大切にしたいという思いが込められた「UN3D.」。今季は、縦糸にトリアセテート、横糸にリサイクルポリエステルを使用した100%エコな素材を使ったアイテムに注目。一見すると絢爛な素材だが、コートはペットボトル22本相当、オールインワンではペットボトル16本相当がリサイクルされている。

CINOH

(左)MADRAS CHECK BROWSING SHIRT ¥55,000+tax、(右)No Collar Piping Jacket ¥72,000+tax、 BROWSING SHIRT各¥42,000+tax、OVER SIZE SHIRT各¥34,000+tax (左)SLEEVELESS DRESS ¥28,000+tax、(右)SHIRT ¥25,000+tax

残布をリユースした限定コレクションが並ぶ

ストリートから生まれる自由な発想をベースした「CINOH」より、枯葉剤不使用の高級なフィンクスコットンを贅沢に採用したアイテムが登場。そのフィンクスコットンは、機械を使わず手摘みで収穫することでも環境保全に貢献している。やや光沢のある素材感としなやかさが特徴で、上品さを演出。シャツをはじめ、トレンチコートなど洒脱なデザインを展開。イベント期間中は、廃棄せざる得ない残布を使用したコレクション2型も期間限定で販売している。

DENHAM

(中央左・インディゴ)RAZOR GLSSS02 ¥46000+tax、(中央・ブルー)RAZOR JDCLBSS ¥53,000+tax、(中央右・ライト)LIZ ANKLE GRSSSS ¥34,000+tax CANDIANI製のSUPREME SIGNATURE SELVEDGEはオリジナルトートバック付きのアイテム。

創業当時から地球環境の保全に取り組むデニムブランド

オーガニックコットンやリサイクルコットンなど自然に優しい素材を積極的に使用し、生産に必要な水の量を削減する技術を導入するなど、エコフレンドリーな取り組みを創業当時から続けるアムステルダム発のデニムブランド「DENHAM」。その姿勢は今も昔も変わらず、DENHAMの壁にはアップサイクルのアーカイブジャケットがスローガンのように飾られ、今年の秋冬シーズンにはテント生地を再利用した数量限定のジャケットが控えている。

さまざまな文化の集まる渋谷の街をイメージした店内装飾。新しさと古さをMIXさせた独特な雰囲気が特徴。

NEXUSⅦ

『THE 15』ALL WEATHER TOTE
[S size]¥3,900+tax、[M size]¥5,700+tax、[L size]¥6,500+tax 、[XL size]¥7,500+tax

被災地で使われたビニールシートを再利用した支援プロダクト

“Multiple Maniax & Technix”をコンセプトに2001年設立した、東京ストリートを牽引するブランド「NEXUSVII.」。積極的にMEDICOM TOYやPORTERなどとクロスオーバーし、その都度話題となる。今季は、昨年の台風15号で被災した千葉の復興プロジェクトのひとつとして、被災地で使われたビニールシートを利用したバッグを作成。製品の売上金の一部は被災地への支援金として還元される。

[ 4F ]FASHION APARTMENT

Licue & Sneakers

石油系有機溶剤を使用せず、水洗いでスニーカーと洋服をクリーニング

ファッショニスタたちに支持される100%水洗いのクリーニングブランド「Licue」と、日本初のスニーカーウォッシュ専門ブランド「&Sneakers」が融合した店舗。すべての商品は、石油系有機溶剤を使わず水洗いするので、ドライクリーニングでは落とせない水溶性や不溶性の汚れもしっかりと落としてくれる。セルフケアではカバーできない素材のスニーカーや、愛用の衣類も最大限キレイに仕上げてくれるので、汚れが落ちずに使わなくなってしまったアイテムはこちらで蘇らせてもらおう。

機械仕上げ・下処理なし ¥700、機械・下処理あり(ソール・アッパー) ¥1,000、手洗い・下処理あり(ソール・アッパー)¥2,000、手洗い・下処理あり・消臭・紐外し・防水 ¥3,500
※全て税別。
※衣類・その他オプションメニューもあり。詳細はHPまで。

Licue洋服メニューのうち、ダウン・コート・ジャケットのアウター類(レザージャケットは除く)の水洗いクリーニング料金が、4月6日まで半額。ダウンジャケット¥4,200+tax→¥2,100+tax、ダウンコート¥5,100+tax→¥2,550+tax、ジャケット ¥3,960+tax→¥1,980+tax、ブルゾン¥3,980+tax→¥1,990+tax、コート¥5,750+tax→¥2,875+tax

Re⇆STOCK

「愛着を持って使い続ける」という価値観を提案

汚れたり壊れたからといって買い換えるのではなく、愛着あるものを直して大事に長く使うことがサスティナブルにおける重要な姿勢。「Re⇆STOCK」では、衣服や靴・時計・iPhoneなど、生活に欠かせないアイテムを一箇所で修理出来る。さらに、スニーカーのソールカスタムや衣服のリフォルムなど、自分らしいファッションの楽しみ方や、環境に配慮したケア用品の提案も行う。

(上)ソール貼付¥10,000+tax〜、(左下)ボトムスメニュー ¥1,000+tax〜
(右下)ケア用品 ¥500+tax〜
シャツのカスタマイズも実施。2枚のシャツから好きなパーツを組み立てて、自分だけの1枚にカスタムすることが可能。

RINKAN

自分が着なくなった洋服を売って、次の人へと繋いでいく

ブランドアイテムの買取・販売を行うRINKANが、はじめて出店した買取専門店「RINKAN渋谷PARCO店」。自宅に眠っている洋服を捨てずに誰かへ引き継ぐことも、立派なリユース活動と言える。春の衣替えのタイミングで、洋服を整理してみるのはいかがだろう。

giraffe

(左上)三角コインケース¥3,000+tax、(右上)クラッチバック¥6,000+tax、ブックカバー¥3,500+tax、クレリックメガネケース¥4,000+tax、ネクタイ型ネクタイケース¥3,500+tax、パッチワークフラットポーチ¥5,000+tax、ペンケース¥3,000+tax、ミラー特大(76mm)¥1,000+tax、缶バッチ38mm¥300+tax 大57mm¥500+tax 特大(76mm)¥800+tax
(左下)丸底巾着¥6,000+tax、三角バック¥4,500+tax、(右下)カードケース¥3,500+tax、四角コインケース¥3,000+tax、がま口¥2,500+tax、パッチワークがま口¥3,500+tax

ネクタイやボウタイの端切れで作った温もりを感じる小物

ネクタイ専門ブランド「giraffe」。カジュアルからフォーマルまで、幅広いシーンで使える柄や色が揃い、生地の染色から縫製までの全行程を国内で生産している。その過程で発生した端切れで、ポーチやアクセサリーなどの小物を製作し、生地を無駄にしない。ハンドメイドのため一点一点表情が異なり、その小物から温かさを感じることができる。同じ生地のネクタイと同柄と併せてプレゼントすれば喜ばれること間違いなし。

SNIDEL

(左)ORGANICS クロシェワンピース各¥13,860+tax 、(右)Sustainableワッフルタンク各¥4,000+tax、Sustainableワッフルナロースカート各¥99,00+tax (左)Sustainable ラメボレロカーディガン各¥6,237+tax (右)ORGANICS ボーダーカットソー各¥6,000+tax

オーガニック素材を採用したORGANICS SNIDELシリーズ

ストリートにエレガントなエッセンスを注入したデザインで人気を博す「SNIDEL」は、昨年に大人向けのインラインブランド「ORGANICS SNIDEL」をローンチ。その名の通り、オーガニックコットンやリサイクルコットンなど、着心地と使いやすさをこだわったプロダクツが特徴で、大人の女性らしいシルエットやディテールのデザインを展開する。食事と同様に、身にまとう衣類も自然由来のものをチョイスして、健康的な意識を持って日々を送りたい。

Heaka AVEDA

(左上)ニュートレプレニッシュ シリーズ 各種¥3,900+tax〜

100%使用済みリサイクルPETのパッケージを採用

地球環境にも深く配慮したヘア&スキンケアアイテムを展開している「AVEDA」保湿ケア用品「ニュートリプレニッシュ」が登場。髪の乾燥やパサつきを解消する新シリーズで、シリコンフリーの動物由来成分も使用せず、スーパーフード由来の植物成分を94%配合した。ブランド初の“ライト”と“ディープ”の2種類で展開し、髪質に最適な保湿を実現。ヘアサロン「Heaka AVEDA」では、自然界由来成分を配合したヘアカラーを展開している。3月19日〜31日の期間中にAVEDAのヘアカラーをお得に体験できるクーポンを配布予定。

カルチャーショップ by meetscalstore, acidgallery(PORTPARCO)

(左上)slitsleeve onepiece/foil gold ¥27,000+tax、 (右上)slitsleeve onepiece/foil gold ¥27,000+tax、slitsleeve onepiece/blue/check ¥25,000+tax
(左下)remake sweat parka ¥32,000+tax、remake west tie sweat ¥25,000+tax(右下)remake denim/khaki ¥30,000+tax、remake denim/blue ¥28,000+tax

プリミティヴでフューチャリスティックな大阪発信ブランド

洋服から雑貨まで、作り手の熱意を感じてワクワクするプロダクツを展開している「カルチャーショップby meetscalstore, acidgallery」。大阪を拠点にデザイナー自身が縫製を行ったアイテムを発信する「AWA by ukuuproject」のPOP UPを開催。人気のワンピースや一点物のリメイクアイテム、ユニセックスで着られるTシャツなどが並ぶ予定で、東京では希少なブランドのアイテムを手に取ることができる。

MARCOMONDE

ネズミ¥1,200+tax~、猫¥4,000+tax~

ソックスから生まれたぬいぐるみ

毎シーズン、テーマにしたひとつの国や地域からインスピレーションをうけたデザインの靴下を展開する「MARCOMONDE」。2012年からMARCOMONDEのソックスを再利用してぬいぐるみを制作している「BORON」。細部にまでこだわり、一点ずつハンドメイドで作られたぬいぐるみ達は、元の柄を活かした生地の組み合わせやアレンジによって、とても愛嬌のある表情でかわいい。
※掲載商品は数量限定のため、無くなり次第終了となります。

Samantha Thavasa

Sustainable ST トートバッグ¥32,000+tax

植物由来のリサイクル素材で構築した風合いのあるバッグ

25周年の節目を迎えた「Samantha Thavasa」。今回注目するのが、桜の廃材を使用したトートバッグ。本革のような滑らかな風合いに仕上げることに成功した独特な風合いが特徴だ。さらには、動物性素材の使用を避け、ハンドルは合皮、接着剤は植物性を採用した徹底ぶりに感服する。また、世界でリードするハードマンズ社のリサイクルリネンを使用したバッグのリリースも控えている。

[ 5F ] NEXT TOKYO

Charles Chaton

Charles Chatonオリジナルトート¥2,900+tax

ブランドコンセプトとリンクする、次世代へ繋ぐヴィンテージ

“girl,forever!”をテーマに、ガールズカルチャーに生きる現代の女の子たち、さらに50年後の女の子たちにもキャッチされることを意識したアイテムを発信する「Charles Chaton」。展開するのは、ヴィンテージを掛け合わせることでスタイリングが完成するデザインが中心で、ヴィンテージこそがブランドのフィルターを通したサスティナブルの表現。今すぐ始められるエコとして、オリジナルデザインやパリのブックストア「Ofr. Paris」のトートバッグを販売。

TiCTAC update

(左)「Eco-Drive Riiiver」¥45,000+tax、(右)「10:10 BY NENDO」¥17,500+tax〜

機能を自由に具現化できるソーラー充電のスマートウォッチ

「CITIZEN」のスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」は、使い捨て電池を使用せず、太陽や部屋の光で充電するエコ・ドライブを搭載しているので環境に優しい仕様。日常生活でバッテリーをチャージできるため、スマートウォッチの弱点とも言えるバッテリー切れの心配もない。また、IoTプラットフォーム“Riiiver”と接続することによって、多様な機能を自由に組み合わせて自分のライフスタイルとマッチする便利な機能を作成・追加できる自由度の高さもポイント。デザインオフィス「nendo」主宰のデザイナー佐藤オオキがデザインを手がけ、日本製にこだわるウォッチブランド、10:10 BY NENDOのポップアップが開催される。

  • LINE

Other Posts