• ホーム
  • 特集
  • 「SHIBUYA PARCO 2022 A/W NEW LOOK」|心揺さぶる、新しい世界。渋谷PARCOの秋冬コレクション

「SHIBUYA PARCO 2022 A/W NEW LOOK」|心揺さぶる、新しい世界。渋谷PARCOの秋冬コレクション

  • LINE
「SHIBUYA PARCO 2022 A/W NEW LOOK」|心揺さぶる、新しい世界。渋谷PARCOの秋冬コレクション

Index


▶1F  ▶2F-1  ▶2F-2  ▶3F  ▶4F & 5F  ▶EVENTS  ▶22AW NEW LOOK VISUAL

ISSEY MIYAKE SHIBUYA|テントのような造形物から発展した、彫刻のような衣服

“A WORK OF ARC”をテーマに、22AWコレクションを発表した「HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE」。テントのような布と骨組みで出来ている構造物を研究し、服づくりに応用したという今シーズンは、プリーツの生地に円弧を引いて生まれる、新たな立体造形に取り組んだ。生地の折り方と縫い合わせ方、またプリーツのかける方向を見直すことで完成した身体を覆う服の形は、まるで生き生きとした彫刻のような佇まい。アートのような美しい立体感と軽やかな着心地が、日常を豊かに彩ってくれる。

 

JUNYA WATANABE MAN / COMME des GARÇONS HOMME|Jay Kayのスタイルと先住民族の文化をマッシュアップ

「JUNYA WATANABE MAN」22AWコレクションは、世界的に知られる「Jamiroquai」のフロントマン、Jay Kayとコラボレーション。世界の先住民族の文化からインスパイアされた彼のファッションや思想に共鳴し、「JUNYA WATANABE MAN」流にリミックスした。コレクションの中でも一際目を惹くカラフルなディテールのコートやニットには、実際にメキシコやアメリカの民族衣装に使用される伝統的な生地を用いている。今シーズンも「LEVI'S®」「THE NORTH FACE」「Carhartt」「karrimor」「New Balance」など、様々なブランドとのコラボアイテムが豊富に揃う。

 

KENZO|過去のアーカイブを現代風にリミックスさせた、Nigo氏のデビューコレクション

アーティスティックディレクターに就任したNigo氏のデビューシーズンとなった「KENZO」22AWコレクション。アイコンのポピーの花をキーモチーフに、髙田賢三氏のデザイン画モチーフをパターン化したジャパニーズデニムやダウンなどのアイテムからは、髙田氏へのリスペクトと同時に彼自身のルーツを感じることができる。メゾンのコードを巧みに再解釈した新生「KENZO」。その世界観を、ぜひリアルショップで体感したい。

 

kolor|「壊れ」のエッセンスから生み出される、美しさと力強さ

異なる要素を絶妙なバランスで落とし込む「kolor」。22AWシーズンは、整っているものに「壊れている」要素を組み入れながらも、それさえも美しく力強く感じさせるコレクションとなっている。例えば、赤色のダッフルコートは、片側の首回りや袖などの表地と裏地を引き離すことで、内側の構造が露わになり、見慣れたアイテムも新鮮な印象に。また、コレクションの随所に登場するハットは、「KIJIMA TAKAYUKI」とのコラボレーションによるもの。ブリムの一部が“kolor”ロゴで切り抜かれたアクセサリーからも、「壊れ」のエッセンスを感じることができる。

 

MARC JACOBS|新アイコン「THE J MARC SHOULDER BAG」が発売

「MARC JACOBS」からは、新作「THE J MARC SHOULDER BAG」が到着。しなやかなレザーを用いたバッグは、シグネチャーである J マークのクロージャーがポイント。取り外し可能なチェーンストラップは、アイコニックな「Stam」シリーズからインスパアされたもの。クラッチ、クロスボディ、ショルダーバッグの3WAYで楽しむことができる。本キャンペーンには、マーク・ジェイコブス氏の長年のミューズである女優ウィノナ・ライダーを起用。新作バッグにアーカイブコレクションを合わせた、スペシャルなビジュアルにも注目したい。

 

MM6 Maison Margiela|ミリタリーウェアの破壊的なアプローチを探求

「MM6 Maison Margiela」2022“アヴァン・プルミエール”コレクションでは、ミリタリーウェアの破壊的なアプローチを通じて、実用性のあるデザインコードを探求。典型的なモチーフやテクスチャー、シルエットを抜き出して、現代的なアイテムへと再解釈した。ミリタリーニットを解体して繋ぎ合わせた存在感のあるリブニットは、コントラストからのエルボーパッチが特徴。裏地に蛍光オレンジをあしらったテーラリングジャケットやコクーンシルエットのコートは、パイロットのボンバージャケットを想起させるようなシルエット…。一見それとは分からない巧みな落とし込みは、メゾンが示す平和主義への姿勢とも捉えることができる。

 

TOGA|アイコンモチーフをピースフルなムードに発展

「TOGA PULLA」22AWコレクションは「メタルマニアの逆襲」がテーマ。頭からつま先までの各パーツに、メタルハードウェアの最新作を取り入れてフル装備に。そのハードな印象とは対照的に、マーブル模様のカービングやアシッド色のフレアパンツを組み合わせることで、“LOVE&PEACE”なフラワームーブメントを感じるスタイルへと発展させた。一方、「TOGA VIRILIS」では、フェミニンと定義されるディテールとスポーティなアイテムをミックス。人間と動植物が手を取り合うピースフルなグラフィック・シリーズの新作も登場する。さらに注目したいのは「FRUIT OF THE LOOM」 との初コラボアイテム。レインボーフラッグを支持する意味を込め、フルーツを抽象的に置き換えたグラフィックをユニセックスアイテムに落とし込んだ。

 

UNDERCOVER NOISE LAB|日常や平和への想いを静かに込めたAWコレクション

22AWシーズンの「UNDERCOVER」がコレクションに込めたのは、再開した日常や平和についての想い。メンズでは「独自の歪んだ視点でデザインされた、日常の延長線上にある日常着」をテーマに、アルフレッド・ヒッチコック監督のフェイスグラフィックや映画『PSHYCO』をフィーチャーしたウェアが登場した。一方、東京で単独ショーを行ったウィメンズは「心の奥底に燻る冷たいREBELな炎」がテーマ。静かでエレガントなフォーマルウェアに、平和への願いをパンクなスピリットと共に潜ませた。

 

  • LINE

Other Posts