• ホーム
  • 特集
  • TAIKI&NOAH×alexanderwang/Neil Barrett/NUBIAN|ジェンダーの垣根を超えたユニセックスで楽しめるアイテムを求めて

TAIKI&NOAH×alexanderwang/Neil Barrett/NUBIAN|ジェンダーの垣根を超えたユニセックスで楽しめるアイテムを求めて

  • LINE
TAIKI&NOAH×alexanderwang/Neil Barrett/NUBIAN|ジェンダーの垣根を超えたユニセックスで楽しめるアイテムを求めて

ブランドのアイコン“サンダーボルト”を
主体としたシックな「Neil Barrett」へ

続いて2人が訪れたのは、モノトーンスタイルに定評があり、1999年のブランド設立以来、ミニマリズムを牽引し続けるブランド「Neil Barrett(ニールバレット)」。「ミラノによくショーを見に行くんです」と、2人には馴染みのあるブランドのよう。「今季はサンダーボルトがゴールドカラーでかわいい!」と、ブランドのアイコンアイテムを早速チェック。渋谷PARCO店は、そんなサンダーボルトを主軸に打ち出したショップだ。

(TAIKI)ニット¥102,000、パンツ¥69,000、シューズ¥110,000
(NOAH)ニット¥74,000、パンツ¥62,000、シューズ¥94,000
※すべて+tax
スウェットシャツ ¥88,000+tax

トレンドやスタイルが変わっても
愛し続けられるブランドのひとつ

「今日、私服で履いてきたボディピアスがアクセントのブーツも、実はNeil Barrettのものなんですよ。すごく気に入っています」とNOAHさん。ポップでカラフルなアイテムを着こなしているイメージの強い二人だが、元々は全身黒づくめだった時代もあったほど(笑)、超がつくほどモノトーンが好きな様子。TAIKIさんも「秋冬のニットアイテムが特に好きで、2人ともタートルやハイネックを愛用しています」という。

2020AWテーマは“UNTITLED”
ランウェイでも脚光を浴びた新作が入荷中

冬の到来に向けて、新作アウターも続々と入荷中。新作コートは、2003年秋冬コレクションで人気を博したハイブリッドバイカーコートのリバイバル。ラペルに沿わせたジップ、袖口に施されたレザーなど、手仕事を感じさせるディテールがたまらない。その他、渋谷PARCO店では、定番のセットアップをはじめ、スウェットやTシャツなどのカジュアルなウェアや、小物やアクセサリーなどの幅広いラインナップが楽しめる。

(左)(左から)ジャケット¥155,000、パンツ¥60,000、ジャケット¥183,000、パンツ¥81,000
(右)ジャケット¥257,000
※すべて+tax
クラッチバッグ¥50,000+tax、カードケース¥22,000+tax

どこか懐かしさを感じさせる
新作のモノトーンニットスタイルで

2人が着用したのは、2020AWのランウェイルック。英国仕込みのトラディショナルなスタイルを基軸に、ハンドメイドのエッセンスを取り入れた、どこか懐かしさを感じるニットスタイル。スタッズやボディピアスをあしらった、ボリューム感あるブーツもポイントだ。ショッピングでは、それぞれ自分が欲しい物を買うそうだが、NOAHさんは「欲しい物があったらTAIKIに必ず相談します」と2人のかわいい秘密も教えてくれた。

ショップ名
Neil Barrett
フロア
渋谷PARCO 2F
取り扱いアイテム
メンズ
取り扱いブランド
Neil Barrett
電話番号
03-6809-0005
公式サイト
https://www.neilbarrett.jp/
免税
TAX FREE

<NEXT>類稀なるセレクションが魅力のNUBIANへ。

  • LINE

Other Posts