• ホーム
  • 特集
  • 「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

  • LINE
「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

 

Index


▶1F  ▶2F-1  ▶2F-2  ▶3F-1  ▶3F-2 & 4F  ▶5F  ▶EVENTS  ▶22SS NEW LOOK VISUAL

08sircus|軽やかで凛としたミリタリーの新提案

妥協のないデザインと丁寧な縫製、上質な素材使いで、長年多くのファンから愛される「08sircus」。東京・羽根木に構えるアトリエショップ「08book」に続く、渋谷PARCO店は、デザイナー森下公則氏の美意識が詰まった、ブランドのミニマルな世界観を体現する。22SSコレクションは、素材の質感や違いを楽しめる繊細かつニュートラルなカラーで、春らしい装いを提案。ミリタリーのエッセンスを軽やかにアップデートし、凛としながらも抜け感のある大人の男女に向けたコレクションを展開。

 

UN3D.|ヴェネチアンガラスのクリアな美しさを新たなコレクションに

22SSシーズンは、ヴェネチアンガラスのアーティスト、アントニオ・ダ・ロス氏の作品からインスパイア。有機的なグラフィックと軽やかな素材で、ガラスの奥ゆかしい色の重なりや透明感、ナチュラルで歪な曲線を表現した。ブルー、グリーン、イエローといったブランドのシグネチャーカラーも、今シーズンはタイダイやサークルのフォルムでやわらかな印象に。リラクシーとモードな雰囲気が両立したアイテムは、都会にも自然にもしっくりと馴染むデザインが魅力。

 

PAMEO POSE|伝説の島“アトランティス”に由来するドラマチックな物語

今シーズンのテーマは、9000年前に海中に没したとされる伝説の島、アトランティス。海の王・ポセイドンを象徴する“海王星”を描いたテキスタイルや、妻・アンフィトリテがペットとして飼っていたとされるイルカやエイなどの生き物がグラフィカルに登場する。神話に由来するモチーフは、どこかレトロでドリーミー。さらにディレクターのPELI氏が、幼稚園の頃に集めていたという“チャーミングシール”を模したピアスや、童心を擽るビーズのチョーカーなど、個性派アクセサリーがスタイリングをポップに彩る。

 

[ 4F ]FASHION APARTMENT

SNIDEL|ストリート&フォーマルな原点回帰の新作アイテム

この春「SNIDEL」が魅せるのは、ブランドコンセプトでもある「STREET&FORMAL」なスタイル。女性らしいラインをきれいに表現したこだわりのシルエットや計算された肌見せで、スタイリングにフレッシュさをプラスした。エレガントなストライプのシャツは、大胆なカットワークでストリート風に。さらにモードなパフスリーブブラウスからフェミニンな花柄のワンピースまで、今シーズンはテイストの豊富さもポイント。デザインコンシャスなアイテムは、春に向けて心躍る気持ちをさらに高めてくれる。

 

LILY BROWN|60年代のパワーと価値観をモダンにアップデート

「Vintage Feature Dress」をコンセプトに、ヴィンテージアイテムから伝わる繊細なクラフトワークや独創的なデザインを現代のファッションに取り入れたリアルクローズを提案している「LILY BROWN」。今春のテーマは「強さの中に潜むしなやかさ」。ファッションや音楽、アートなど、さまざまなカルチャーの転換期であった60年代のパワーや、新しい価値観をコレクションで表現する。当時のトレンドであったシースルー素材や肌をのぞかせるカッティングデザインを再解釈し、“芯の強さ”と“フェミニン”を併せ持つスタイルへとアップデートした。

 

ADAM ET ROPE' FEMME|新たな装いで、ポジティブにマインドセット

「着飾ることは、きっと世界を変える第一歩」――今季「ADAM ET ROPE'」が提案するのは、ポジティブマインドへと導いてくれるハイキー・トーンのアイテムたち。装うことで誰かに会いたくなるファッションのコミュニケーション力を信じて、見るだけで元気になれるビタミンカラーやプリント、ヘルシーに着こなせるデニムや肌見せのデザインなどを楽しめる。アーティスティックな柄や、大胆な肌見せが特徴の韓国ブランド「missing you already」など、今春はアップカミングなブランドとの別注アイテムも豊富にラインナップ。

 

emmi|足元から装う、アクティブ&モードな春スタイル

22SSシーズンは、足元をフォーカスしたスタイルで楽しむ“Trip Life“を提案。構築的なフォルムのシャツには日常映えするモードさを、アクティブなスタイルにはミニマルなカットソーで抜け感を出して、リラクシーで洗練された印象に仕上げた。また、先シーズンから人気のオリジナルスニーカーから、3型の新作がリリース。装飾を極力そぎ落としたボリュームスニーカーは、アウトソールを厚めにすることで、まるでヒールを履いているようなスタイルアップが叶う一足。よりシンプルでベーシックな美しさを表現したコートスニーカー、メンズライクなビブラムスニーカーもそろう。

(左)デザインステッチスニーカー ¥15,400、(右)コートスニーカー ¥13,200

 

FURFUR|世界中の色やパターンを大胆にミックスアップ

世界中に溢れるたくさんの色や柄を、パターンミックスで表現した新作コレクション。中国の陶器に描かれるシノワズリやフレンチタイルの柄、ロシアンタペストリーやアメリカンキルト柄などを、ジャカードニットやドレスに自由に重ね合わせて、フェミニンかつ個性溢れるスタイルに変化させた。柄や色味を大胆に切り返すテクニックも今シーズンならでは。春に咲き乱れる花のように文化や技法を混ぜ合わせて、「FURFUR」らしい視点と遊び心で、多様性を表現した。

  • LINE

Other Posts