• ホーム
  • 特集
  • 長谷川慎(THE RAMPAGE)×LE LABO/CARNICERIA|ホリデーシーズンに出会う、五感に響くスペシャルな体験

長谷川慎(THE RAMPAGE)×LE LABO/CARNICERIA|ホリデーシーズンに出会う、五感に響くスペシャルな体験

  • LINE
長谷川慎(THE RAMPAGE)×LE LABO/CARNICERIA|ホリデーシーズンに出会う、五感に響くスペシャルな体験

THE RAMPAGEのパフォーマーで俳優としても活躍する長谷川慎さん。繊細な“感覚”を持つ彼が向かった先は、ニューヨーク生まれのスローパフューマリー「LE LABO」と、極上の黒毛和牛をはじめとしたお肉料理をリーズナブルに楽しめる「CARNICERIA」。クリスマス目前の華やかな心躍るホリデーシーズン、渋谷PARCOで五感を刺激するスペシャルな体験を。

Photo
Sachiko Saito
Text
Hisako Yamazaki
Hair&Make
Aki(KIND)
Edit
RIDE Inc.

心に響く“香りの美しさ”を体験できる
ユニークでオーセンティックなフレグランス

ニューヨークで生まれたスローパフューマリー「LE LABO」。創業者であるファブリス・ペノーとエディ・ロシュのふたりは「何かユニークで特別なものを作りたい」という想いから、時間をかけて丁寧にパフュームを作り出す美しさと、芸術に特化したフレグランスラボを創設。2006年に一号店をニューヨークのノリータにオープンし、10種類のフレグランスコレクションからスタートした。翌年2007年にはアメリカ国外初出店となるフラッグシップショップを東京・代官山にオープン。今年6月にオープンした、トーキョーカルチャーの中心地・渋谷PARCOのショップは都内4店舗目となる直営店だ。

香りの力を実感した幼少期。
脳に鮮明に焼き付く、“ある香り”の記憶

「小学生の頃、同級生にやたらといい匂いの女の子がいたんです。もう訳がわからないほどいい匂いで(笑)。すれ違っただけで『わぁ、いい匂い!』となるし、その子がいないのに『あっ、さっきまでいたな』ってわかったり…。その時からですね、香りに目覚めたのは。香りってすごい力を秘めているなと思って」。香りに敏感な“嗅覚”を持つ長谷川慎さん。ショップ内にある全種類のフレグランスを丁寧に味わった後、JASMIN 17を手にとり「この香り、めちゃくちゃいい香りですね」と今の気分にフィットする香りを見つけた。「LE LABOのフレグランスはどれも、今まで香ったことがない香調で、自分の鼻が追いついていない新しさを感じます。すべて僕にとってはとてもユニークで新しい香りでした。このジャスミンもジャスミンでありながら、ムスクやサンダルウッド、バニラなどの温かさと甘さが秘められていて、ぐっと心に響きました」。LE LABOではフレグランスやキャンドルのラベルに日付やメッセージ、名前(英字で23文字以内)をその場でいれてパーソナライズできる「メイド・トゥ・オーダー方式」を提供している。長谷川さんもJASMIN 17のボトルに“makoto hasegawa”と名前を入れ、世界にひとつのオリジナルボトルをクリエイト。

ホリデーにぴったりな
香りの贈りものを見つけて

ここ渋谷PARCO店ではホリデーシーズンのギフトにぴったりなキャンドル、バス&ボディアイテムも豊富に揃う。バス&ボディアイテムは、植物由来で肌と地球にやさしい使い心地が特徴。乾燥が気になるこの季節におすすめなのは、ハンド ローションとハンド ポマード(バジル/ヒノキ)。ヒノキは日本の高野山の麓に広がる森に囲まれた寺院が持つ“ヒノキ”にインスパイアされ、神秘的で温かみのある香りとなっている。またバジルは、バーベナを組み合わせたシトラスとグリーンな香り立ち。ベタつきにくい心地よいテクスチャーでジェンダーレスに楽しむことができる。自宅ではお香やキャンドルを焚き、大好きな香りで1日頑張ったと体と心を癒しているという長谷川さん。ソイワックスとピュアコットンの芯を使用したLE LABOのキャンドルは、低温でゆっくりと燃焼し、濃密な香りが空間にふわりと広がることで定評がある。「このキャンドルは海の匂いがします! 海辺にいるみたい。めっちゃいい匂いです」と、長谷川さんが出会ったキャンドルはCALONE 17。ゼラニウムとアンバーのブレンドが織りなすマリンノートは、カリブ海のサン・バルテミー島の海辺の情景とそよ風をリビングルームに呼び込むかのよう。

クラシック キャンドル ¥11,000 ハンド ポマード(バジル)[55mL] ¥3,410 (上)ハンド ローション(バジル/ヒノキ)[250mL] 各¥4,290
(下)ハンド ポマード(バジル/ヒノキ)[55mL] ¥3,410

人生を豊かにする、
長谷川慎のフレグランスの楽しみ方

「LE LABOのフレグランスは、(川村)壱馬さんにプレゼントしたいなと思いました。好きな香りの好みが似ているんです。僕の家で使っていたお香を壱馬さんが遊びに来たときに気に入って、同じものを買ったり。THE RAMPAGEのメンバーはみんなフレグランスが好きで、ライブの前に自分自身のモチベーションアップと気合いを入れる意味合いで、お気に入りの香りをつける習慣があります。今日出会ったJASMIN 17もライブが始まる直前につけてみたいなと思いました。僕は匂いフェチなので、たくさんの香水を自宅に置いています。気分や季節によって香水を変えて楽しんでいるんです。夏だったら、石鹸みたいな爽やかな香りを纏い、冬になったら少し深みと重みのある香りをつけたりして。夏に使っていた香水を冬に香って、夏を思い出したりもします」

JASMIN 17 オード パルファム[100ml] ¥37,400
ショップ名
LE LABO
フロア
1F
電話番号
03-6455-1733
公式SNS
Instagram(@lelabofragrances

<NEXT>CARNICERIA|"お肉とイタリアン"のスペインバルでホリデーディナーを過ごす

前のページ
1 / 2
  • LINE

Other Posts