• ホーム
  • 特集
  • クリス-ウェブ佳子×米とサーカス&st company|カオスな昆虫食と限定セレクトショップを探索。

クリス-ウェブ佳子×米とサーカス&st company|カオスな昆虫食と限定セレクトショップを探索。

  • LINE
クリス-ウェブ佳子×米とサーカス&st company|カオスな昆虫食と限定セレクトショップを探索。

リニューアルした渋谷PARCOのショップクルーズはまだまだ続く。腹ごしらえも兼ねて次に向かったのは、ジビエ料理と昆虫料理を提供する「米とサーカス」。自身のInstagramでも得意の料理をアップする佳子さんのお気に入りの一品とは? さらに、群馬県の桐生・高崎で40年にわたりトレンドを発信し続けてきた、セレクトショップ「PENNYRAIN」改め、「st company」が限定POP UP SHOPで登場。注目の新作やコラボアイテムもご紹介。

Photo
Megumi Uchiyama
Styling
Yutaka Asakura
Hair&Make
YUMBOU(ilumini)
Text
Megumi Otake

獣肉から昆虫食まで。コンセプトもメニューもまさに“カオス”な空間。

高田馬場に本店を構える「米とサーカス」が、B1FのCHAOS KITCHENに出店。アジアの路地裏をイメージした、摩訶不思議なイラストに誘われるように、店内を覗くとそこには近未来的な空間が……。ここでは、ジビエ料理や昆虫料理を提供するほか、時期によっては珍しい獣肉に出会えることも。昆虫食を切り口に、サステナブルな未来の食卓を提案したメニューは一度試してみる価値あり!

滋養強壮酒¥490~、右上_獣肉グリル7種盛¥2,980、右下_MUSHIソーダ¥580

ここでしか味わえない、滋養強壮酒は美容と健康にも◎

ミステリアスな照明は、まるで近未来の世界へと迷い混んだよう。妖しげな光に包まれるのは、なんと「獣肉グリル7種盛」。カモやシカ、イノシシ、ラクダ、ダチョウ、ウサギ、カンガルーといった貴重な獣肉を堪能できるうえ、カウンターにディスプレイされた滋養強壮酒は、カマキリのタマゴやタツノオトシゴなど全20種。佳子さんは、まずコオロギの粉末をベースに、リンゴ酢やジンジャー、蜂蜜をブレンドしハイビスカスソーダで仕上げた「MUSHIソーダ」を堪能。

虫の原型そのままの“昆虫食”も、意外とイケてしまう?

イナゴ、蜂の子、ミールワーム、タガメ、オケラ、ゲンゴロウを盛り合わせた「昆虫6種食べ比べ」は、本店でも人気の定番メニューのひとつ。旅先で昆虫食に出会ってから、その栄養価値に興味を持ったのだという佳子さん。さて、気になる味はいかに? 「一番食べやすかったのは蜂の子かな。茹でたタガメは洋梨のようなフルーティな香りが印象的。虫の栄養分をそのままいただけるので滋養効果も期待できそう!」。

未来の食は昆虫にあり! サステナブルな取り組みにも注目。

店内には東京都の地図を模ったディスプレイが設置され、そこには子供のオモチャやペットボトルなどの廃棄物を使ったアートが。流行の発信地である渋谷=大量消費をイメージして作られたものだそう。タンパク質が豊富なうえに、食糧問題の選択肢としても注目される昆虫食。「服にしても食にしても、すぐに捨てるのではなく、合理的に使い回せるかが大切です」とクリスさん。自身も日頃からサステナブルな取り組みをできる範囲で意識しているのだそう。佳子さんのこれからの活動にも注目していきたい。

ショップ名
米とサーカス
フロア
渋谷PARCO B1F
取り扱いアイテム
ジビエと昆虫料理
電話番号
03-6416-5850

伝説のセレクトショップが、期間限定POP UP SHOPでOPEN。

1F正面入り口を入ってすぐのPOP UP SPACE“GATE”。ここでは、国内外の注目ブランドの限定ショップが期間ごとに開催される。渋谷PARCOのOPENから12月4日までの2週間は、桐生・高崎発のセレクトショップ 「st company」が登場。「Maison Margiela」でメインコレクションに携わった砂川卓也氏による「mister it.」をはじめ、ベルリン在住の女性デザイナー中津由利加氏が手掛ける「メゾン エウレカ」、大人のリアル・スタンダードを表現する「ATON」、京都のユニセックスブランド「COSMIC WONDER」など、新鋭デザイナーのブランドを取り扱う。

(左)BUILDING BLOCK /CYLINDER WRISTLET¥66,000+tax、(右上)BUILDING BLOCK/ETC SLING¥40,000+tax

ミニマルでいて斬新遊び心を兼ね備えたイットバッグ。

佳子さんが今季注目するのは、ハンドルに大胆な装飾をあしらった「BUILDING BLOCK」のバッグ。デザイナーはキンバリー&ナンシー・ウーの姉妹で手掛けており、LA発の小物ブランドとして知名度も急上昇! フォトジェニックなデザインはセレブの間でも話題に。構築的なテクニックと程よい遊び心がバランスよく融合し、ひとつ持っているだけで、コーディネートのアクセントになりそう。

クリスさん着用のmister it./elisaのドレス¥65,000+tax、ブラウス¥44,000+tax、スカート¥42,000+tax ※12月4日のPOP UP STORE終了後は、st company桐生店(☎︎0277-22-5535)までお問い合わせください。

Maison Margiela出身のデザイナーが手掛ける「mister it.」。

続いて、パーソナルな服作りが魅力の「mister it.」をチェック。実は、佳子さんが着ているドレスも同ブランドのもので、「透ける素材とのレイヤリングやシルエットがお気に入り」と語ってくれた。いつもスタイリッシュな彼女が思考する真冬のスタイリング術も気になるところ。「大胆な組み合わせの緩急が今年らしいスタイルを生むカギに。これからの時期は、透ける素材にダウンを合わせた異素材ミックスにトライしたいです」。

個性派からミニマルまで、新鋭若手ブランドをラインナップ。

このほか、大人のためのスタンダードを得意とする「Graphpaper」や、今回が初出店となる「AL(オル)」など、独自の目線で取り揃えた旬のブランドが勢ぞろい。 秋冬の新作をたっぷり楽しんだところで、実際に佳子さんが欲しくなったアイテムを聞いてみました。「かなり迷いましたが、やはりメゾン エウレカのダウンがとても気になりました。羽織りとしても使用できるので自由なアレンジが楽しめそうですね」。今後の「st company」の最新情報は、公式Instagram(@stcompany_kiryu)にて更新中。 POP UP SPACE“GATE”では、今後も注目ブランドの限定ストアがお目見え。今後の予定は、公式サイトのEvent & Pop-upにて随時公開なので、ぜひチェックを。

ショップ名
st company(GATE)
フロア
渋谷PARCO 1F
取り扱いアイテム
ウィメンズ/メンズ
電話番号
03-6416-5912

クリス-ウェブ佳子

『VERY』専属モデルを務めるほか、エッセイスト、ラジオのパーソナリティなど幅広い分野で活躍。インスタにアップされる肩肘張らずに楽しめる私服スタイルはもちろん、仕事・家庭との両立が注目され、現代女性のカリスマ的存在に。

 

  • LINE

Other Posts