• ホーム
  • 特集
  • “SHIBUYA PARCO S/S NEW LOOK”|新しい時代の新しいモノ。渋谷PARCOの春夏コレクション

“SHIBUYA PARCO S/S NEW LOOK”|新しい時代の新しいモノ。渋谷PARCOの春夏コレクション

  • LINE
“SHIBUYA PARCO S/S NEW LOOK”|新しい時代の新しいモノ。渋谷PARCOの春夏コレクション

Index

[ 3F ]CORNER OF TOKYO STREET

MISTERGENTLEMAN/ネオンカラーで彩ったブランドの個性光るサマースタイル

ベーシックを追求しながらディテールやシルエット、コーディネイトに少しの違和感を加える事で生まれる新しいバランス感を持ったスタンダード、「ポストモダンクロージング」を提案する「MISTERGENTLEMAN」。今季は、ミリタリーやアウトドアをベースにしつつも、ネオンカラーを取り入れた華やかなカラーリングで、夏のリゾートにも映えるエレガントなスタイルに落とし込んだ、ブランドの個性が光るコレクションに仕上がっている。

ショップ名
MISTERGENTLEMAN
電話番号
03-6455-2399
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025729

ANREALAGE/家のようで服のような、全く新しいコレクションがデビュー

「家のような服。服のような家」をコンセプトにした「ANREALAGE」の 2021 S/S COLLECTION “HOME”。球体や4面体など6つの多面体をベースにして、洋服を移動可能な家として捉えて制作。骨格を入れると2メートルのパーソナルスペースになるが、骨格を外すと空間は服に変わる。さらに、それらのアイテムはどれも抗ウイルス繊維と抗ウイルス加工「フルテクト®」が施されている。今回のコレクションではアクセサリーブランド「ANEVER」が新ブランドとしてデビュー。ドライフラワーをアクセサリーの樹脂に閉じ込めるという、本物の花を使ったフラワーパターンが何とも華やかだ。

HOOP PIERCINGS ¥4,000+tax、CUBE TOP NECKALCE ¥7,000+tax
ショップ名
ANREALAGE
電話番号
03-6809-0220
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025818

JOHN LAWRENCE SULLIVAN/ロバート・メイプルソープの美学と世界観から生まれたコレクション

テーラードを軸としたメンズウェアの基本コンセプトをウィメンズにも落とし込み、強さとエレガントさを併せ持つマスキュリンなスタイルを特徴とする「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」。今シーズンは、アメリカの写真家であるロバート・メイプルソープの洗練された美学と性の解放という衝撃的な世界観からインスパイアされ、その象徴としてボディピアスを様々なアイテムへ貫通させフェティシズムを表現。そこにD管、ジップ、メタルボタンなどインダストリアルな要素も加え、ブランドらしいコレクションに仕上げた。

ショップ名
JOHN LAWRENCE SULLIVAN
電話番号
03-6416-5338
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025728

FEMMENT/大地を優しく覆うバラのように、人々を優しく包み込む服作りを

メンズブランド「ATTACHMENT」のウィメンズライン「FEMMENT」。今季は南モロッコの褐色混じりの大地に、毎年5月初旬のわずか2週間だけ咲くダマスクローズをテーマにコレクションを展開。咲き誇るバラが大地を優しく、人々を心地よく包んでゆくように、こんな時代だからこそ理由なく人々を優しく包み込み、寄り添える物作りをと、情景を思い浮かべながらストーリーが組み立てられた。「FEMMENT」の旗艦店となる渋谷PARCO店では、「ATTACHMENT」の海外向けコレクションラインとして生まれた「KAZUYUKI KUMAGAI」も一部取り扱っており、2021SSシーズンのアイテムが先行販売される。

ショップ名
FEMMENT
電話番号
03-6416-0217
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025726

PAMEO POSE/タロットカードからインスパイアされたロマンチックなアイテムたち

DJとしても活躍するPELIがディレクター兼デザイナーを務めるブランド「PAMEO POSE」。2021 S/Sコレクションは、タロットカードの中でも大きな人生の流れを示すとされる22枚の大アルカナカードをイメージしたもの。The Loversのアダムとイヴが両袖に刺繍されているデニムジャケットや、Magicianのカードに描かれた薔薇を編み込んだニットビスチェとニットスカートなど、ドリーミーかつミステリアスなムードにて構成している。後者はスニーカーなどのカジュアルなスタイルにはもちろん、パンプスやジュエリーを合わせたオケージョン使いにもおすすめ。

ショップ名
PAMEO POSE
電話番号
03-6712-7193
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025747

styling//いつの時代も着たくなる普遍的でモダンなコレクション

色々な時代の様々なファッションを見て、体験してきた女性達に0.8 歩先を行く服を目指すセレクトショップ。そのオリジナルブランドとしてデビューした「styling/」の2021 S/Sのテーマは「TIMELESS」。タイムレスとはいつの時代にもマッチし、いつの時代も着たくなる。それがサステナブルであると「styling/」は考える。生成り色や白のグラデーションをベースに、ダークブラウンやゴールド、少しくすんだブルーをピックアップ。ブランドのアイデンティティであるテーラリングの技術も光るモダンなコレクションを展開。

ショップ名
styling/
電話番号
03-6455-3008
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025734

CINOH/ちょっとした外出の際に着たくなる特別な普段着を

遊び心と高揚感を持った大人のリアルクローズを提案する「CINOH」は、今季“これからのちょっとした外出の際に着る特別な普段着”をイメージソースにデザイン。程よく肩の力を抜きつつも、ルームウェアのようなリラックス感は取り除き、あくまで外出をするためのクリーンでエレガントなカジュアルスタイルを意識。それを繊細な素材とタフな素材、立体裁断を強調したディテールとを混ぜ合わせ提案。細部までこだわった素材と仕様で、これまでにない上質な普段着という新たな価値観を創り出している。

ショップ名
CINOH
電話番号
03-6427-0702
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025723

MYne CODEX/70年代のDISCOやFUNKをベースにした鮮やかでグルービーなラインナップ

「MYne CODEX」は「MIHARAYASUHIRO」の美学を受け継ぎながら、ストリートにアンテナを張る若い世代のアイデアを取り入れたニューラインとして設立。今季は70年代のDISCOやFUNKをベースに、様々な音楽カルチャーや当時の空気感をミックス。「MIHARAYASUHIRO」のDNAを受け継いだ独特の遊び心も匂わせながら、ストリートウェアに落とし込んだコレクションを展開。生地には落ち感のあるリネンをベースに、オーバーサイズなシルエット、サイケデリックな柄や色を使った。メイングラフィックに使用したGROOVEを感じるフォントのロゴプリントがテーマ性をより強調させている。

ショップ名
MYne CODEX
電話番号
070-6660-0692
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025820

08sircus/ヨーロッパヴィンテージから着想を得た凛とした佇まい

今季の「08sircus」によるレディースコレクションは、ヨーロッパヴィンテージからインスピレーションを受け、ふわりと空気を孕んだフォルムや上品なギャザーなどのクラシカルな要素を取り入れつつも、洗練された印象も併せ持つ。ピンク色のギャザーワンピースは渋谷PARCO限定アイテムとなっているのでお見逃しなく。メンズコレクションも同じくヨーロッパヴィンテージを基調に、ヨーロッパにいるアートスクールの学生から着想を得て制作。何度も着倒したヴィンテージのような風合のコートも、クラシックでどこか上品な仕上がりになっているのは流石の一言。

ショップ名
08sircus
電話番号
03-6809-0408
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025816

FAN/過去の自分からのメッセージを受け取った「ALMOSTBLACK」の新作に注目

“roots & development”、起源と発展をテーマに『ルーツ』である古着や雑貨、『発展』としてのモードやハイテク、ストリートブランドを取り扱い、新しい価値を展開するセレクトショップ「FAN」。今シーズンの一推しは、2015年にデビューしたドメスティックブランド「ALMOSTBLACK」。今季はデザイナー自身が、ファッションへの初期衝動を形にするために純粋に服と向き合っていた日々を思い返し、その頃の自分からのメッセージを今の自分を通して表現。アイコニックな安全ピンなどが印象的なパンキッシュなコレクションとなった。それらに付随して作られた「master-piece」とのコラボバッグも必見。2021SSは2月上旬よりスタート。

<maseter-piece x ALMOSTBLACK Collaboration Series>バックパック¥80,000+tax、ショルダーバッグ ¥40,000+tax
ショップ名
FAN
電話番号
03-6452-5803
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025725

ADAM ET ROPÉ’(HOMME)/幸せを運ぶチョコレートブランド「GODIVA」とのスペシャルコラボレーション

「ADAM ET ROPÉ’(HOMME)」と、世界中で愛されるチョコレートブランド「GODIVA」による異色のコラボレーションが実現。今作は第二次世界大戦後に配達用の車をピンクに塗装し、戦後の荒廃地に立ち向かう人々へチョコレートを届けたという「GODIVA」のエピソードに感銘を受け、そのピンクバンのグラフィックを施したTシャツやトートバッグをラインナップ。また、1月30日(土)から2月14日(日)の期間中にコラボレーションアイテムをご購入していただいたお客様に、先着で「GODIVA」のチョコレートをプレゼントという粋な計らいも。

PINK VAN S/S T-shirt ¥5,500+tax
ショップ名
ADAM ET ROPÉ’(HOMME)
電話番号
03-6712-7949
詳細はこちら
https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025830
  • LINE

Other Posts