• ホーム
  • 特集
  • 紗羅マリー×AMBUSH® WORKSHOP 2/はまの屋パーラー|伝統と現代を往来するファッション&グルメ巡り

紗羅マリー×AMBUSH® WORKSHOP 2/はまの屋パーラー|伝統と現代を往来するファッション&グルメ巡り

  • LINE
紗羅マリー×AMBUSH® WORKSHOP 2/はまの屋パーラー|伝統と現代を往来するファッション&グルメ巡り

自身でもユニセックスのブランドを展開する紗羅マリーさん。彼女が訪れたのは、同じくユニセックスでコレクションをスタートした「AMBUSH® WORKSHOP 2」。渋谷パルコ店ならではのラインナップが揃うなかで、今季特に注目すべきアイテムとは。

Photo
Kiruke
Hair&Make
TORI.
Text
Mizuki Omotani
Edit
Natsume Horikoshi(Kokuhaku.Inc)

日本の伝統×東京ポップカルチャー
から成るデザイン

「ここ最近のAMBUSHは特に好き」と語る紗羅さんが真っ先に手に取ったのは、日本古来の伝統手芸・刺し子を用いたデニム。職人の作業着のようなゆったりとしたシルエットを、刺し子をあしらったデニム素材で構成する。「このリラックス感とエッジのバランスが最高なんです。」と紗羅さん。唯一無二のデザイン性ながら、着心地も申し分がない。

バンドカラーシャツ ¥32,000+tax レディースパッチワークサシコパンツ ¥176,000+tax ゲタサンダル ¥54,000+tax スクエアカットストーンネックレス 143,000+tax

コレクションを引き立たせる
天然石ジュエリー

「AMBUSHといえばジュエリー」というイメージを持つ人も多いはず。ショーケースの中でもひときわ目を引くのは、天然石を大胆にあしらったジュエリーの数々。デザイナーのYOONが鮮やかな発色にこだわったコレクションだ。クラフツマンシップが感じられる物づくりと、現代の東京カルチャーの出会い。そんなブランドの理念に共感する紗羅さんが、色とりどりのジュエリーを手に取った。白いブラウスとデニムのシンプルなコーディネートにより、天然石の鮮やかな輝きが一層引き立つ。

本場イタリアで作られる
レザーアイテム

紗羅さんが「シュウマイみたい!」と声をあげたのは、ノットディテールのレザーバッグ。ころんとしたシルエットで、持ち手が結び目のデザインになっている。AMBUSHはこの春夏より本格的にバッグ&シューズのラインをローンチ。本場イタリアの上質な革素材と東京のエスプリを融合させ、独特な世界観を生み出している。バッグのほか、下駄からインスピレーションを受けたサンダルも今季人気のアイテムだ。

ファッションを愛する若者に
刺激を与える渋谷パルコ店

AMBUSH® WORKSHOP 2が位置するのは、渋谷パルコの2階。AMBUSHを愛する大人たちが集う路面店とは異なり、ブランドを知らない若者も気軽に立ち寄るのだとか。通りがかりに手に取りやすいよう配置されたディスプレイも他店にはない特徴。未来の東京カルチャーを担う若者が行来するAMBUSH® WORKSHOP 2。ぜひ一度立ち寄ってみては。

ショップ名
AMBUSH® WORKSHOP 2
フロア
2F
取り扱いアイテム
ウィメンズ/メンズ
電話番号
03-6416-5412
免税
TAX FREE

<NEXT>はまの屋パーラー|伝統と現代を往来する ファッション&グルメ巡り

前のページ
1 / 2
  • LINE

Other Posts