• ホーム
  • 特集
  • SHIBUYA PARCO ART WEEK|芸術の秋到来。渋谷PARCOがアートに染まる10日間。

SHIBUYA PARCO ART WEEK|芸術の秋到来。渋谷PARCOがアートに染まる10日間。

  • LINE
SHIBUYA PARCO ART WEEK|芸術の秋到来。渋谷PARCOがアートに染まる10日間。

Index

[ 5F ] NEXT TOKYO

STARBUCKS COFFEE|すべての働く人を讃える壁画をライブペイントで

「コロナの状況に負けず、気持ちを1つにできるポジティブなメッセージをアートから発信する」をコンセプトに、アートユニットのOVER ALLsが店内に壁画を制作中だ。8月から進行中のこの作品が、SHIBUYA PARCO ART WEEK初日の9月18日(金)にいよいよ完成する。描かれるのは、渋谷の街で前を向いて歩きだす5人の足元。「STARBUCKS」のパートナー、お客様、スポーツ選手、ビジネスパーソン、そしてコーヒーファーマー。そこには、すべての働く人々へ賛歌の意味が込められている。当日はOVER ALLsのライブペイントを見ながら、秋らしいチョコレート マロン ラテやチョコレート マロン フラペチーノ®を味わってはいかがだろうか。

(左)チョコレート マロン フラペチーノ® Tall ¥590+tax(トールサイズのみ)「※カカオ分0.5%未満」
(右)チョコレート マロン ラテ(ホット/アイス) Short ¥450+tax〜「※カカオ分0.5%未満、栗5.0%未満」

OVER ALLs(オーバーオールズ)

「WOW!!」な企画をプロデュースする赤澤岳人と、ART BATTLE JAPANで王者に輝いた、アーティスト(画家)・山本勇気によるアートユニット。『アートで日本を楽しくする』を目指し、オフィスアートやショップアート、パブリックアートなどを多数手がける。
Instagram(@littlethunder
http://www.overalls.jp/

LOVELESS Sunny Side Floor|日本写真界のリヴィングレジェンド、森山大道とコラボ

東京を中心に世界の都市の裏側を捉え続けてきた、日本写真界のリヴィングレジェンド、森山大道。「LOVELESS」では、そんな森山氏とのコラボレーションアイテムを発表する。使用されるのは、1974年に発表された、NYの路上写真をまとめた「もう一つの国ニューヨーク」からの抜粋。森山氏らしいモノクロームで切り取られたNYの風景写真をLOVELESSがコラージュ。かくして生まれた、オリジナルグラフィックを使用したアイテムとなっている。森山大道とLOVELESSという2つの強烈な個性は、いかなる化学反応を起こしたのか。その目で確かめてほしい。

(上)森山大道×LOVELESS グラフィック ロンT¥9,000+tax
(下)森山大道×LOVELESS グラフィック Tシャツ¥8,000+tax

森山大道

1938年大阪府池田市生まれ。デザイナーから転身し、岩宮武二、細江英公の助手を経て、1964年にフリーの写真家として活動を始める。現在に至るまで第一線で活躍し、国内外で評価されている。
https://www.moriyamadaido.com/

URBAN RESEARCH iD|まるで、芸術作品のよう! 映画のヴィンテージポスターを販売

近年、映画のヴィンテージポスターがその芸術性の高さから注目を集めている。「URBAN RESEARCH iD」では、選りすぐりのヴィンテージポスターを展示販売。見逃せないのは、初期の代表作『ストレンジャー・ザン・パラダイス』や『ナイト・オン・ザ・プラネット』から話題作『コーヒー&シガレッツ』まで、NYインディペンデント映画界を代表する監督、ジム・ジャームッシュ作品のポスターがラインナップされていること。ファッションデザイナーたちにも多大なるインスピレーションを与え続けている監督だけあり、ポスターもまるでアート作品のように美しいデザインになっている。希少性が高く、なかなかお目にかかれないので、この機会にぜひ。

COFFEE&CIGARETTES ¥25,000+tax、NIGHT ON EARTH ¥45,000+tax
※掲載アイテムは一点物のため、完売次第終了となります。

Charles Chaton|ニュージーランド在住の学生フォトグラファーの作品をグラフィックTEEに

YUZU for CC dog L-TEE 各¥6,000+tax

ニュージーランドの大学に通いながらフォトグラファーとしても活動しているYUZUさん。自然の風景や街並み、そこに写り込む人々をありのままに投影した彼女の作品。その中からセレクトした写真をプリントしたロンTEEが発売される。白と黒のモノクロームで表現された、躍動感あふれる愛らしいワンコの写真をバックプリントに。男女ともに着こなしやすいオーバーサイズで、秋服の準備にぜひ取り入れたい1枚。

YUZU

学生、アーティスト。夢は“自分の手で創るもので世界に共鳴を起こす”こと。ニュージーランドで生まれ、日本、オーストラリア、ニュージーランドの三カ国で育つ。現在ニュージーランドの大学で心理学を専攻しながら写真・映像編集・イラスト等も手掛けている。レストランや会社のSNSコンサルタントとしても活動。
Instagram(@yuzuandroses
https://yuzu777rose.wixsite.com/website

[ 7F ] RESTAURANT SEVEN

M.I.U. Nº2|アートギャラリー「VOILLD」のPOP UPをローンチ

若者から絶大な支持を集める中目黒のアートギャラリーVOILLDが、今年2月に続いてふたたび「M.I.U.Nº2」にPOP UPとして登場。加賀美健、平山昌尚、magma、西雄大、片岡亮介など、カルチャー感度が高い者にはおなじみのアーティストたちと手を組み、コラボレーションアイテムを販売する。この機会にしか手に入らない、貴重なPOP UP限定アイテムも販売予定。また、購入者とPARCO ART PASSPORTを提示した人には、ノベルティとしてVOILLDオリジナルステッカーが配られる。東京におけるアートの現在が詰まった、宝箱のようなPOP UPになりそうだ。

▼PARCO ART PASSPORT特典
VOILLDオリジナルステッカー進呈。※¥1,100(税込)お買上げが対象

VOILLD

2014年、中目黒にオープンしたギャラリー。片山メリヤスや西雄大など、ストリートなグルーブを感じさせる日本人アーティストを中心に展示を開催する他、「TOKYO ART BAZAAR」の企画・開催も行う。

[ 8F ] THEATER / CINEMA / GALLERY

WHITE CINE QUINTO|LGBTQの権利を訴えた画家の伝記映画

第二次世界大戦直後のフィンランドにおいて、同性愛者は罰則の対象だったのをご存知だろうか。『トム・オブ・フィンランド』はそんな時代を背景にしながら、同性愛者として自身のファンタジーを盛り込んだ絵を描き続けた実在のアーティスト、トム・オブ・フィンランドの波乱に満ちた生涯を綴った伝記映画だ。エイズが流行し、同性愛者差別が激化した80年代、それでもなお堂々と権利を主張し続けたトムとその作品は、今やLBGTQコミュニティのアイコンとなっている。アートには社会を動かす力がある。『トム・オブ・フィンランド』は、そんなことを痛感させてくれる作品だ。

Tom of Finland(トム・オブ・フィンランド)

1920年、フィンランド生まれ。ゲイを描いた作品や、LGBTQの権利向上を目指した社会活動家として知られる。生前に制作した3,500枚以上のドローイングは、世界各地の美術館で収蔵されている。

WHITE CINE QUINTO|伝説のショップ「コレット」のドキュメンタリー

2017年12月、パリの伝説的なセレクトショップ『コレット』は惜しまれつつ閉店を迎えた。『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』は、その閉店までの日々を、著名人たちのインタビューを交えて描くドキュメンタリーだ。インタビューに応えているのは、カニエ・ウェスト、ファレル・ウィリアムス、Futura 2000, ヴァージル・アフブロー、NIGO®、VERBALなどなど。『コレット』ファンだった彼らが語る熱い想いからも、同店がどれだけ素晴らしい店だったかが伝わってくる。訪れたことがある人はその思い出に、そうでない人はその伝説に、このドキュメンタリーを通して触れてみてはいかがだろうか。

▼PARCO ART PASSPORT特典
一般料金から¥400 OFF。 ※一部作品は対象外

COLETTE(コレット)

1997年にパリでコレット・ルソーとサラ・アンデルマンの母娘が創業したブティック。その斬新なセレクションで20年にわたりパリのファッションシーンを率いながら、2017年に惜しまれつつも閉店した。

ほぼ日曜日|1741の「市町村」を写した仁科勝介の写真展

日本に1741あるという「市町村」。大学在学中の2年を費やし、そのすべてを巡るという偉業を成し遂げた人物がいる。その名は、仁科勝介(通称かつお)。「ほぼ日曜日」ではそんな仁科氏の写真展を開催。会場には1741枚の写真がずらりと並ぶと同時に、作品のオリジナルプリントが購入可能。展示作品とは別に彼がセレクトした「47都道府県別、旅のプリント」や、旅の記録をまとめた本『ふるさとの手帖』、さらには仁科氏が道中で出会ったおいしいものの販売も。展示される写真に映る風景は、ひとつひとつが誰かの“ふるさと”。この夏、里帰りできなかった人は、この写真展を通してそれを追体験してみてはいかがだろう。

▼PARCO ART PASSPORT特典
入場料¥100 OFF。

仁科勝介(かつお)

写真家。1996年岡山県生まれ。2018年3月に市町村一周の旅を始め、2020年1月に全1741の市町村巡りを達成。2020年の8月には旅の記録をまとめた本、「ふるさとの手帖」(KADOKAWA)を出版。2020年9月からは写真館勤務を経て独立。

  • LINE

Other Posts