• ホーム
  • 特集
  • 「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

  • LINE
「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

 

Index


▶1F  ▶2F-1  ▶2F-2  ▶3F-1  ▶3F-2 & 4F  ▶5F  ▶EVENTS  ▶22SS NEW LOOK VISUAL

[ 2F ]MODE&ART

alexanderwang|“アルファ・ウーマン”の日常を、アジア文化に変換

「alexanderwang」の新作キャンペーンに起用されたのは、ハリウッド女優のルーシー・リュー。プライベートと仕事を完璧に両立しようと奮闘する“アルファ・ウーマン”の贅沢で平凡な日常をアジア系の世界観に変換して、ユーモアを持って表現。同キャンペーンと連動して、リゾートコレクションでも、アジア文化にフォーカスした新作アイテムを多数ラインナップ。2022年の干支である寅や、中国で縁起物とされる鯉や翡翠をモチーフにしたシャツやパンツ、色鮮やかな新アイコンバッグ「MARQUESS(マルケス)」などで、ブランドのアイデンティティとダイバーシティーを忠実に再現した。

 

AMBUSH® WORKSHOP 2|ベーシックで機能的な新カテゴリー「AMBUSH WKSP」が登場

22SSシーズンは、「AMBUSH」の中核をなす、都会やストリートスタイルを抜け出して、デザイナーYOON氏が自然の中で見つけた癒しと自由な精神にフォーカス。アクティブなウェアをベースに、アーバンなエッセンスを加えた。さらに、タウンでもアウトドアでも快適に過ごせる新たなカテゴリー「AMBUSH WKSP」も登場し、機能的なベーシックウェアを打ち出していく。Tシャツやパーカー、スイムウェアには、グラフィックデザイナー萩原卓哉氏による自然から着想を得たプリントを随所に落とし込んだ。

 

A.P.C.|ディテールを楽しむ、シックでクリーンな新作コレクション

22SSシーズンのインスピレーションとなったのは、フランス北西部の湾岸都市ル・アーブル。第2次世界大戦中に破壊され、建築家オーギュスト・ペレによって再建されたこの町の、規則的な建築物の中に潜在する複雑な美のテイストが落とし込まれた。そこに「A.P.C.」の真骨頂であるワークウェアやパリシックな要素を添えたアイテムは、微かに線が揺らめいているストライプのシャツや、素材の質感が際立つヌードカラーのドレスなど。一見シンプルながらも、袖を通すと違いが分かるディテールは、着慣れたベーシックをシックでクリーンな印象へとアップデートしてくれる。

 

beautiful people|さまざまな角度からの着用でフォルム変化を遂げる、新作“Side-C”

「beautiful people」が着目したのは「多くの表情や機能を持った服を所有することで、クローゼットの中身は少なくなるのでは?」というユニークな発想。パターンのみならず、テキスタイルにおいても表裏で表情の異なるデザインを追求し、上下、左右、前後などさまざまな角度での着用方法を楽しめるガーメントを発表した。首や腕を通す場所、回転角度を変えることによって、フォルムが変化するデニムブルゾンなど、“Side-C”と名付けられた独自の構造には、デザイナー熊切秀典氏のサスティナビリティな精神と遊び心、パターンへの並々ならぬこだわりが込められている。

 

JUNYA WATANABE MAN / COMME des GARÇONS HOMME|旅情を呼び起こす、アジアのムードを纏ったコレクション

「JUNYA WATANABE MAN」22SSコレクションのインスピレーション源となったのは、フォトグラファーJamie Hawkeswort氏がブータンを訪れて撮影した旅の風景。サルエルパンツやストローハット、サンダルなどのアイテムに、田名網敬一氏をはじめ、さまざまなアーティストのアジアンテイストの作品をプリントしたTシャツを合わせた。今季も「THE NORTH FACE」「Levi's」「New Balance」とのコラボレーションアイテムも多数登場。渋谷PARCO店では、2022年2月4日(金)より、新作を一斉にフルラインナップする。

 

ENFÖLD / någonstans|植田みずき氏が生み出す、カラフルでモードな普遍性

「纏う者が最高に贅沢な気持ちになれる服」を提案する「ENFÖLD」は、上品で抜け感のあるシルエットと着心地が魅力。一方、スウェーデン語で「どこか」を意味する「någonstans」は、アウトドアシーンで自分を解放するようなアクティブなイメージの服を提案している。スポーツやワークウェア、テイラードなどのエッセンスを複雑にクロスオーバーさせた2ブランドのコレクションは、クリエイティブ・ディレクター植田みずき氏がつくり出す、唯一無二の自由なクリエイションが魅力。シンプルとは一味異なる、ブランド独自の普遍的なアイテムは、世代もフォルムも問わず、着る人を魅了する。

 

Ground Y|文豪小説の一節をオリジナルのボーダーグラフィックに

ジェンダーレス、エイジレスなスタイルでファッションの新たな可能性を提案する「Ground Y」。22SSシーズンは「Beyond Boundaries」をテーマに、坂口安吾や夏目漱石、太宰治、森鴎外ら文豪の小説の一節をオリジナルのボーダーやグラフィックに落とし込んだ。ノスタルジックなキービジュアルのモデルには、俳優の深川麻衣と高杉真宙を起用。さらに新作アイテムがショップに並ぶ2022年1月21日(⾦)より、彼らが登場するコレクションブックを先着順でプレゼント。

  • LINE

Other Posts