• ホーム
  • 特集
  • 「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

  • LINE
「SHIBUYA PARCO 2022 S/S NEW LOOK」|感性に従う、新しい時代の新しいMyスタンダード

 

Index


▶1F  ▶2F-1  ▶2F-2  ▶3F-1  ▶3F-2 & 4F  ▶5F  ▶EVENTS  ▶22SS NEW LOOK VISUAL

ISSEY MIYAKE SHIBUYA|プリーツで表現する「衣服と着る人の間に生まれる調和」

イッセイ ミヤケのブランドがボーダレスで揃う「ISSEY MIYAKE SHIBUYA」では、「HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE」の2022年春夏コレクションをフルラインナップ。「Human Ensemble(ヒューマン・アンサンブル)」をシーズンテーマに、「人間のからだ」をひとつの構造物と捉えて、その力強さと美しさからイメージを広げた。身体のフォルム、動き、表情などに着目したというアイテムは、どれもフレキシブルで軽やか。再生ポリエステル 100% の糸を使用し、素肌の色を取り入れたプリーツシリーズや、砂の混ざった絵具と人間のシルエットを曲線で表現したプリントシリーズなど、新たな技術や素材を駆使した新作をチェックできる。

 

kolor|​​2022年春夏コレクションで表現する、kolorらしい「新しいミニマリズム」

「kolor」が考える「新しいミニマリズム」を追求した2022年春夏コレクション。デザインを一部に集中させ、普遍的なアイテム同士を絶妙な色合わせやバランス感で組み合わせることで、装飾的な要素を残したままシンプルな雰囲気に仕上げている。随所にあらわれる透明シートのディテールからは、テープやホッチキスの芯など、通常は隠す要素である内部構造が顔をのぞかせ、kolorらしい遊び心を感じられる。エレガンスと一際目を惹くディテールが面白いコレクションとなっている。

 

k3|ヴィンテージアイテムの新たな価値を提案するプロジェクトが始動

「k3」がセレクトする個性豊かなブランドからこの春注目したいのが、ソウル発の「Andersson Bell」。韓国と北欧のカルチャーを対照することで生まれるアイテムは、ユニークなグラフィックと鮮やかな色味が新鮮。スタイリングの主役になるアイテムが揃う。また、新プロジェクト「k3_vintage」を渋谷PARCO店にてスタート。ユニセックスで着用できるヴィンテージアイテムを中心に、「G.V.G.V.」やインポートブランドとの新旧ミックスしたコーディネートを提案。ブランドやプライスに左右されず、着る人自身がヴィンテージに新たな価値を見出せるようなスタイルを発信する。

 

MARC JACOBS|シンボリックなコレクション「THE MONOGRAM」が登場

ランウェイを体現し、シンボリックなモノグラムをチェーン状にあしらった「THE MONOGRAM COLLECTION」が登場。本キャンペーンでは音楽界で最も大胆なアーティストの一人として知られるリル・ウージー・ヴァートがメインモデルを務め、アラスター・マッキムがスタイリングを、そしてマリオ・ソレンティが撮影を手掛けている。シンプルながらインパクトのあるグラフィックが、ジャケットやTシャツ、バラクラバ、スニーカーなどの豊富なアイテムをリズミカルに彩る。人気の「THE TOTE BAG」も今春、ジャガード織りの同素材により進化。アイコニックなデザインと誰もが美しく着られる絶妙なシルエットは、多様性を尊重するマーク・ジェイコブス氏ならでは。幅広いラインナップから、ぜひ最適なスタイルを見つけたい。

 

MM6 Maison Margiela|コンセプチュアルな概念をウェアラブルな新作に

遊び心のあるアプローチで、メゾンのアーカイブを再解釈する「MM6 Maison Margiela」では今シーズン、シュルレアリズムの制作手法のひとつ「Cadavres Exquis(優美な屍骸)」から着想を得た「アヴァン・プルミエール」コレクションを展開。テイラードジャケットとパンツを解体してスカートに仕立てたボトムのセットアップや、“MARGIELA6”のロゴをあしらったシャツ、メリージェーンとバイカーブーツを融合させたユニークなウェッジソールシューズなど、複雑なパターンとコンセプチュアルな概念を、ウェアラブルなアイテムへと昇華。ガーメントやアクセサリーの背面に縫い付けられた、白いシングルステッチがブランドの証を静かに主張する。

 

TOGA|ファッションを平等に楽しむためのボーダレスなアプローチ

デザイナー古田泰子氏が試みたのは「TOGA PULLA」と「TOGA VIRILIS」、2つのラインのボーダレス化。どちらのビジュアルにも同じモデルを登場させ、2人のモデルに同じコーディネートを着せることで、両者の個性を浮かび上がらせた。コレクションでは、“女性的”と捉えられるレースやフリル、花型のスリットをMA-1やポンチョと融合。あえて本来の役割を果たさないアイテムに仕立てることで、薀蓄や機能性で語られがちな“男性服”の概念を覆すアプローチに。体のかたち、性差、年齢などの壁を越えて、誰でもファッションを平等に楽しむことができる。

 

UNDERCOVER NOISE LAB|新たなコレクションに込めた「日常の尊さと未来への希望」

22SSシーズンに「UNDERCOVER」が提案するのは、日常の尊さと未来への希望。メンズコレクションでは、茶人の千利休が残したとされる格言「一期一会」からイメージを広げて、より生活に根付いたデザインを意識したという。過度な装飾はなくとも、スウェットをはじめとする単にシンプルではない捻りの効いたコレクションには、日本のロックバンド、OGRE YOU ASSHOLEのグラフィックを採用。ウィメンズでは、デザイナー高橋盾氏が水彩で描き下ろした"滲んだ絵"をメインに、さまざまな色で感情を表現した。感覚的で力強いクリエイションが、新たな時代を突き進むための背中を後押ししてくれる。

  • LINE

Other Posts