このたびの令和6年能登半島地震により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申しあげますとともに、 被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申しあげます。Nintendo TOKYO・ポケモンセンター他 営業時間について

  • ホーム
  • 特集
  • 長岡亮介×LOEWE|モノ作りの哲学。そして視点を変えて見える、新しい発見

長岡亮介×LOEWE|モノ作りの哲学。そして視点を変えて見える、新しい発見

  • LINE
長岡亮介×LOEWE|モノ作りの哲学。そして視点を変えて見える、新しい発見
長岡亮介×LOEWE|モノ作りの哲学。そして視点を変えて見える、新しい発見

「LOEWE」のクリエイティブ ディレクター ジョナサン・アンダーソンが生み出す服――その魅力はなんといっても、ファッションの既成概念を打ち破る自由な遊び心。彼にとってファッションショーは“実験の場”。モノ作りの哲学と真摯に向き合うことで、今までにない型破りな新しいスタイルや服を生み出すのだ。ジョナサンのフィロソフィーとシンクロする音楽家・長岡亮介さんが、渋谷PARCO 1FのLOEWEをショップクルーズ。“これまで以上にLOEWEらしい”SS24 メンズコレクションの魅力を紐解く。

Photo
Sayo Nagase
Styling
Daisuke Iga
Hair&Make
Go Takakusagi
Text
Hisako Yamazaki
Edit
Mariko Araki , Nanako Ohashi(RIDE)

認識とスケールが描き出すシルエット。
“視点”に着目したLOEWE SS24 メンズ コレクション

「LOEWE」SS24 メンズ ランウェイコレクションの会場の中央には、アーティスト リンダ・ベングリスの彫刻作品である巨大な噴水が設置され、モデルたちはその噴水の周りを歩いた。観客は広角で、また下から見上げるようにしてランウェイを眺める――モノの認識とスケールを決定する“視点”。今シーズンのテーマとして、クリエイティブ ディレクターであるジョナサン・アンダーソンが挑戦したかったことは“視点の遊び”。モノの認識とスケールが描き出すシルエットは、見ている位置や視点によって大きく変化するという壮大なパースペクティブ(遠近法)の研究だ。
長い脚、高いウエスト、コンパクトなバストからなるシルエットが伸長されたような縦長のプロポーションが特徴的。ランウェイにはシューズとパンツが一体化した、目を欺くようなユニークなルックも登場。またシルエットだけでなく、クラフツマンシップが叶える製法への探求にも着目したい。スパンコールのようにキラキラと光るシャツとハイウエストパンツは、実は職人技によって丁寧に付けられたクリスタル。遠くから見るとディスコティックな煌めきを放ちつつ、太陽の光を受けてチラチラと瞬く噴水の水しぶきを反映しているかのようにも見える――それは私たちの視点によって、さまざまな解釈があることを教えてくれる。

ジップアップ セーター ¥218,900、プリーツ シャツ ¥133,100、ハイウエスト ジーンズ ¥137,500、トイスリッパ ¥106,700

これまで以上にLOEWEらしい。
プロポーションに関する深い探求

LOEWEの今シーズンを象徴するルックのひとつである、ウエストインしたハイウエストのジーンズを着こなした長岡亮介さん。伸長されたような縦長のプロポーションは、長岡さんご自身が持つスタイルの良さをより魅力的に強調する。また、床と平行なシルエットを描くレザーのスリッポンは、パンツの裾が床すれすれまで落ちることで、まるで地面と脚が一体化するような錯覚を起こし、長いレッグをより際立たせる。そのプロポーションはまさしく、“視点の遊び”だ。
「LOEWE SS24は基本的にとてもシンプルな印象なのですが、ちょっと肉感的で、少し狂気が垣間見える感じがしました。コレクションを観ていたら『おや? これ、なんかおかしいな……』という印象もあって。でもそれは、ジョナサンが表現したかった、さまざまな“視点”が服に感じられたからなのかもしれませんね」と長岡さん。 ルックに合わせたバッグは、SS24の新作「ペブル バケット バッグ ミディアム(メローカーフ)」。シグネチャーのアナグラム刻印入りメタルパーツで、ストラップの長さが調節可能。装飾的でありながら機能的なペブル バケットバッグは、LOEWEのクラフツマンシップが光るピュアでミニマルなラインが魅力的だ。

ペブル バケットバッグ ミディアム ¥377,300

ファッションの意思表示。
「やっぱり、いいモノはかっこいい」

「車や自転車など、いま僕が夢中になっているのは、モノが好きだった父の影響を大きく受けていると思います。父は服も好きだったんです。僕はファッションに関しては強いこだわりを持つほうではないけれど、今日着させていただいたスーパーハイウエストのLOEWEの服を見たとき『かっこいい!』と思った。やっぱり、いいモノはかっこいいんだなと。作り手のこだわりが感じられるもの、きちんと丁寧に作ってあるものは、やはりいいですね。そういうものを着たときに、自然に造りの良さを感じた自分にほっとしました(笑)」

建築学科を専攻した後、音楽家へ。
モノに宿る本質的な力に魅せられて

学生時代に大学では建築学科を専攻し、卒業後は音楽の道へと進んだ長岡さん。彼がたどったユニークな経歴は、特定の分野にとらわれないクリエイティブな創作活動に応用されている。
「『建築学科って、かっこいいな』と思っただけで、当時の僕は何も考えてなかったんです(笑)。もちろん建築が好きで専攻をしたのですが、学生時代のその当時、新しく建築を作り続けて、それをまた壊して……ということよりも、古いものへ惹かれる感覚もあり。それで途中から、設計ではなく日本の建築史を学ぶ学科へ。素敵だなと思える建築物や空間は、デザインや作りが素晴らしいというのもありますが、それだけではない。そこにある文化とか歴史とか……そんな物語を肌でふと感じられたとき、ゾワっとすることがあります。昔、ポーランドの名もなき教会に一歩足を踏み入れたときに、守られているような、とても慎ましやかな気持ちになった経験があります。写真を撮ろうとしていた自分自身を恥ずかしいとさえ思ってしまったほど」

ショップ名
LOEWE
フロア
1F
公式ブランドサイト
https://www.loewe.com
公式SNS
Instagram : @loewe
X(Twitter) : @LoeweOfficial
Line : @LOEWE

春の新作小物が豊富に揃う
「LOEWE SS24 POP UP」を開催

2024年2月1日(木)〜2月14日(水)まで、バレンタインデーを前にウィメンズ/メンズの春の新作ウォレットを豊富に揃えた「LOEWE SS24 PRECOLLECTION POP UP」を開催。ピンクブロッサム、グリーンリーフなど日本の春に着想を得た限定色が壁面を彩り、新デザインとなる球形のペブルをプレイフルに積み重ねたフォトスポットも登場。ダイスなどのアクセサリーやバッグも展開されるほか、革小物を購入した方には、桃の花の特性チャームを全国先行してプレゼント。

Check here too>>
長岡亮介×JIL SANDER|心を動かす服と、そこに宿る物語
長岡亮介×EYETHINK|個性を象る、アイコニックなアイウェアを探して

長岡亮介

1978年生まれ、千葉県出身。神出鬼没の音楽家。9歳よりピアノ、中学時代からギターを始め、高校時代には様々なバンドに参加。大学在学中にバンドのギタリストなどでキャリアをスタートする。2005年にペトロールズを結成、歌とギターを担当。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。
Instagram(@nagaokaryosuke

  • LINE

Other Posts